arsenal seveile

「今宵、フィツジェラルド劇場で」

探偵役のケビン・クラインかっこよかったな~。ダシールハメットの世界だ。
これといって特徴もなく、存在自体が妙な、変な役だったけど(笑)
c0051781_102672.jpg


ロバート・アルトマンの遺作のせいか (「ショートカッツ」 と 「プレタポルテ」 がお気に入り♪)すでにこの世の映画ではなかったような、幽霊たちのライブを観ていたような、不思議な気分。司会を務めるギャリソン・キーラーは、ラジオが本業で、これは彼の体験に基づくお話。かなりいい雰囲気でしたよ。脚本も彼。ゲストに話しかけるかたわら歌いだして、歌が会話の一部になってる!こうなるとナビゲーターも職人芸ですね。ステキでした。ジョン・C・ライリーは面白いし、占い師のようなリリートムリンも怪しいムード満点(笑)

この映画の目玉?メリルストリープの歌は、あまり上手くなかった、と思うけど。「マディソン郡の橋」 のその後?とか、田舎くささが・・・(笑)↑これすごかったよねー。トトまるさんの言葉をお借りれば、どすこいメリルだ(笑)

今週の金曜日は 「サンジャックへの道」を。アンリとピレスに会いに行かなくちゃ(笑)
c0051781_0493145.jpg
こちらはトミー・リー・ジョーンズとヴァージニア・マドセン。トミーは劇場を買収する側の、いちおう悪人。この二人は、ライブを見て感じ入ってるんです。しみじみしていて、いい感じでしょ?本当はそうじゃないんだけど、ワタシの贔屓目(笑)
by elsur147 | 2007-04-04 01:06 | cinema | Comments(0)
<< パルムからパリへ(笑) ジョイント丸投げ物語(ペンダン... >>



climatnara Gunners robinvanpersie
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31