arsenal seveile

エコーライン

やはり休みすぎはイケマセン
甚之助から先 こんなにキツかったかしらー
c0051781_9565573.jpg

いえ休憩というか色々な人々を眺めていたり
とりわけ地元の方々と話したり
側の会話が聞こえてきたのが(耳ダンボ)
まったりと語尾を伸ばす独特の方言に心和んだ
c0051781_9571710.jpg
c0051781_9573356.jpg

南竜分岐
c0051781_9575335.jpg

分岐で迷ったら(このまま砂防新道を直進するかどうか)
エコーラインが絶対おすすめ
南竜ヶ馬場へ下るコースなので迂回になる為
砂防新道より時間がかかることになっているが
砂防新道は 「十二曲がり」 という
心臓破りの超九十九が待っている

「十二曲がり」 は実際に数えると十四あるらしい
急斜面の岩段を十四も折り返しては登る=3
あたしは下りに利用したけど
ここを登るのは絶対にゴメン蒙ると思った

高山植物の宝庫もこの時期は何もなかったが
足場を選びながら選ぶ道もあって楽しいよ
c0051781_11173640.jpg
c0051781_111259.jpg

石張の丸太組歩道は
水の浸食から登山道を守っている
c0051781_11225022.jpg

唯一のキャンプ場がある南竜ヶ馬場
南竜まで下りて室堂へ登るコースは来年チャレンジ
下は高層湿原になっているらしい
c0051781_11251788.jpg
c0051781_11323333.jpg
c0051781_11324742.jpg

雲の上に御岳山
c0051781_1133221.jpg

南竜はカラフルにテン張っていた
c0051781_1138215.jpg

ガスであっという間に真っ白け
c0051781_11401121.jpg

父なる御前峰がお出迎え と思ったら
c0051781_11491848.jpg

ガスが
c0051781_11495444.jpg

少し進んでまた立ち止まっては
ガスが晴れるのを待っていた
近々に来られてうれし泣きというかホント
ここで御前峰を拝みたかった
c0051781_11503758.jpg
c0051781_11505228.jpg

なつかしい室堂も見えている
c0051781_1151955.jpg

by elsur147 | 2017-10-20 05:48 | sato | Comments(4)
Commented by たき at 2017-10-20 19:40 x
ずっと拝見しています。すばらしいです!!。自分の足でふもとから高山に登った経験がありませんので
うらやましいの一言です。
歴史散歩とまったく違う「歩く」を楽しませていただきました。  毎日覗いているんですよ。
Commented by elsur147 at 2017-10-22 00:24
>たきさん
こんばんは!
更新している時に来て下さっていたんですね~
確認しないまま閉じてしまい、失礼致しました。
しかも毎日とはありがたいです、励みになりますv
本当に。
登山については、まさか私が?ですけど、
白山が呼んでいたのかな~と、今では思います。
ただ、年に四回、里帰りしている為、
奈良行の調整が難しいのが、もどかしいです。

山に関しては代わり映えのしない景色ばかりですが、
また覗きにいらして下さいね(*^^*)
Commented by たき at 2017-10-22 23:04 x
「山に関しては代わり映えしない景色ばかり」とありますが
私には新鮮な景色ばかりです。体験によるコメントも好きです。

今、台風が通過中です、被害もなく早く通り過ぎてほしいです。
Commented by elsur147 at 2017-10-24 01:31 x
>たきさん
台風通過、大丈夫でしたか?
千葉は北部で河川の増水や停電等、ありましたが
北部は落雷や竜巻も多いエリアのです。
私が住んでいる船橋は何事もなく過ぎました。
と申しますか、遅番だったので通勤時が嵐の後...
帰宅してシャワーあびて洗濯機をまわしつつ
こんな時間です(^^;)

本当にいつもありがとうございますv
<< 弥陀ヶ原から室堂まで 中飯場から甚之助まで >>



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30