arsenal seveile

棒ノ折から名栗の里山

c0051781_875296.jpg

生憎の天気で展望全く無しお=3
c0051781_89321.jpg

北側に秩父連山バッチリなんですけどねえ
c0051781_891543.jpg

まっちろー
c0051781_893812.jpg

広くて開放的な山頂(赤土の粘土質)
c0051781_8203578.jpg

休日はシートを広げる場所もないくらい混雑していて
相当うるさいらしい(笑)
c0051781_8352629.jpg
c0051781_836249.jpg

四阿もあった
c0051781_8192520.jpg

あずまやは 「東屋」 とも書くが東屋の 「東」 は
都から見て東方に位置する地域のこと
よって東人といったら田舎者をさすので
東屋は 「田舎風の粗末な家」 から生じた言葉なんだと(失礼な=3)
なら今時で他の当て字を考えたくなるわい(^^;)

ふたたびの岩茸石(岩茸石山と何か関係が?謎)
c0051781_8365373.jpg

裏に回ると足場があったので
あたしも便乗して上りましたv
c0051781_8381566.jpg

唐突に尾根の切れ目が現れて不思議な感じだった
c0051781_8402847.jpg

里に近づくと足もとは笹藪の嵐だった=3
c0051781_8454654.jpg

日常では見ることもないヒメジョン(飯能市名栗)
昔はそこら辺に咲いていたが(田舎だったからか?)
c0051781_8484711.jpg

棒ノ折山から下りてきた道は最後
急な上りになる(コンクリ上りはキツーイ)
c0051781_8491894.jpg

上り詰めたご褒美は天然温泉
c0051781_934184.jpg

あたしはめんどくさいのでパス
(時間指定があると気が急いて落ち着かないから)
棒ノ折に連なる尾根を眺めつつその辺をぶらぶら
c0051781_9354852.jpg

山懐に名栗川が流れる集落は
隠国の初瀬みたいだと思った
c0051781_9111571.jpg

名栗川は入間川の上流で
荒川の源流部にあたるが
遡ると利根川になり更に遡ると
群馬の大水上山に到着~
(地図を広げて指先で辿ったというアナログ女 ^^;)
北峰と南峰の二上だそうだよ
by elsur147 | 2017-07-03 23:52 | sato | Comments(0)
<< 棒ノ折の山ごはん なんちゃって棒ノ折山 >>



climatnara Gunners robinvanpersie
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31