arsenal seveile

川苔山を長長と(大量画像注意報)

日原街道(林道)にポツンとあるバス停@川乗橋
c0051781_19323013.jpg

この日は駅前で出会った方々と相乗りタクシー(ラッキーv)
下山にギリギリ間に合う 「8:10」 を逃した寝坊助四人でね(^^;)
一時間に一本のバスは平日九時台がないんですー

林道は一般車両は入れないので静かですよ(暑いけど)
c0051781_19465118.jpg

濃い緑と青空とヒコーキ雲
c0051781_19483362.jpg
c0051781_1949968.jpg
c0051781_19494534.jpg

バス停から登山口まで休憩入れて小一時間
c0051781_1950791.jpg

いいところにお邪魔コードが二本
c0051781_2012720.jpg

川苔山は川乗山の表記もあるが
正しくは川苔山 (苔むしているから)
c0051781_2015733.jpg
c0051781_202961.jpg
c0051781_202265.jpg

山アジサイv
c0051781_20171930.jpg

苔むした沢沿いはとてもよく滑る(笑)
(正確には滑りやすい)
c0051781_20223922.jpg

あらためまして 「百尋の滝」
c0051781_20501322.jpg

登山口からの標準コースタイムは90分
実際どれくらいかかったか見てなかった
先を急ぐので全然ゆっくりできなかったし
次はここを目当てで来よう
c0051781_2052196.jpg

滝から山頂まで二時間でーす
c0051781_2141022.jpg

根っこ張り出し杉
c0051781_2162525.jpg

カメラも何もかもリュックにしまってひたすら上ル
やっとこさ あそこ山頂の明かりかしらあああーーー
c0051781_21125567.jpg

ちぇ~~~(疲)、、
c0051781_21143582.jpg

背中にやれやれ感が漂っていないか(*^^*)でも
c0051781_21161292.jpg

もう先が見えているからv
c0051781_21215158.jpg

けっこうキツかった=3
(今は喉元過ぎれば何とやら だ)
c0051781_21261460.jpg

真ん中辺で一番高いでろーんとしたのが雲取山(ははは)
冬は富士山バッチリだそうだがアイゼン必須だと(無理っ=3)
c0051781_21535170.jpg

平日でも山頂賑やかだったよ(あっちが上って来た方) 
展望は西側
ハエとありんこが多くて閉口したわ~(フロシキ敷いた)
c0051781_2215379.jpg

ささ下りなければ(三時間=3)
c0051781_22205244.jpg

凄いよね 根っこの右側 何もないからね(^^;)
c0051781_22223092.jpg

山アジサイ~vvv
c0051781_22253587.jpg
c0051781_22255421.jpg

単調な尾根道が続くとタイクツのあまり
眠くなる(ホントホント)
足下がおろそかになってやばいと思った
c0051781_2324546.jpg

はっと気づくと砂利んこ道だ=3
c0051781_23242765.jpg
c0051781_23264555.jpg

余所見するなら立ち止まろう
c0051781_23384898.jpg

大根ノ山の神(おおねのやまのかみ)
c0051781_234042100.jpg

平坦な林道に出てほっとしたのも束の間
c0051781_23434451.jpg

薄暗い道がまだ続くのである(30分位)
c0051781_2356934.jpg

あの山なんだろう 中腹になんかあるよね
c0051781_003138.jpg

里が見えてきてほっとしたー
c0051781_2358475.jpg

鳩ノ巣駅
c0051781_062857.jpg
c0051781_085289.jpg
c0051781_091713.jpg
c0051781_094578.jpg

東京方面は 階段あがんのかー
って最後にお疲れさん(笑)
c0051781_0102123.jpg

面白かったvvv
by elsur147 | 2017-06-29 00:30 | sato | Comments(0)
<< なんちゃって棒ノ折山 今日の山頂v >>



climatnara Gunners robinvanpersie
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31