arsenal seveile

登山装備必須の滝

奥多摩は「百尋の滝」(標高886m) 落差約40m
c0051781_23571136.jpg

奥多摩駅からバスで川乗橋(標高414m)
そこから林道を約50分 登山口から約90分
沢を渡り岩場を上り
手すりも何もない板ぺらをつないだ橋を幾つも渡り(笑)
板は隙間があるのでストックは要注意
(先が挟まったらバランス崩してこけて転落=3)
滝に下りる切り立った岸壁は
梯をロープ伝いに下りのの(梯は老朽の注意書きあり)
そう簡単には辿り着けない絶景である
滝壺までも行けルvvv

じゃまた~
小出し小出しですんません
by elsur147 | 2017-06-24 00:18 | sato | Comments(2)
Commented by たき at 2017-06-24 22:37 x
奥多摩の「百尋の滝」今の季節に似合いますね。
PCの壁紙にお借りしました、蒸し暑い季節に涼を感じます。
Commented by elsur147 at 2017-06-24 23:26 x
>たきさん
コンバンハ!どうぞどうぞv
早速にコメントをありがとうございます!
辺り一面、天然のミストが舞っていましたv
水量が画像にあるように、そう多くはないので、
流れ落ちる音もとても涼しげでした。
冬はこのまま凍るそうです。
<< 今日の山頂v ものすごい揺れる吊り橋=3 >>



climatnara Gunners robinvanpersie
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30