arsenal seveile

水銀の丹生

きっかけはこの本から
c0051781_21434946.jpg宇陀が大好きなあたしのバイブル。欧州自転車旅行のプロローグは読み返すたびにドキドキする。スカンジナビア半島やアルプスやスイスであたしも著者と同じ幻想的な景色を見てみたいと思うだけで絶対に不可能。さて丹生川上神社は吉野郡に上・中・下と三社あり(格式の上中下ではない)それが宇陀と何の関わりがと思われるかもですが本に書かれていた水銀が採れたという丹生川を見てみたかったのと丹生のつく神社を訪ねてみたいと思っていたのだ。宇陀の雨師にある丹生神社は単独で行くにはハードルが高そうで(バス降りて1.5キロの山ん中)まだ実現できないでいる。


なんてもっともらしいことを書いているが夏季大学の前日は丸一日あるから帰りの時間を気にしなくていい何処に行こうかと考えたときに丹生のつく神社を訪ねてみたいと思っていたことを思い出したのだ 「そうだ丹生川上神社、行こう」(笑) 中社は榛原からバスで南下していくので宇陀の街道沿いを眺めるのも楽しみのひとつとなったわけv

その丹生川上神社中社
ホームページに紹介されていた境内の様子を見るなり
c0051781_23192249.jpg
たじろいだ。だって神社周りの森森森=3
ぐるりと深そうな川を隔てて山山山=3
なんかに出くわしたって逃げるとこないし誰も助けてくんないよ
宇宙ではあなたの悲鳴は というやつだ=3
で。奈良ビジターズビューローとか東吉野村の観光協会とか
いろんなところへ電話して
一人で行っても大丈夫ですかと聞いてしまった。
たいていは 笑われた(笑)

前置きが長くて眠くなってきたワ
おやすみzzz
by elsur147 | 2014-08-13 00:27 | climatnara | Comments(0)
<< 野々市のパーコー 神託は 雲の梯で舞い降りた(7... >>



climatnara Gunners robinvanpersie
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30