arsenal seveile

吹負とウサギを追いかけて(7/26)

墨坂から横大路を西へ進んで本営を 金綱井に置いたのよ
c0051781_2139020.jpg

金綱井は。昔も今も入鹿が愛されている小網町
あたしは 「入鹿」 という名前も小野妹子と同じく
子供の頃に耳で聞いたのが最初だったものだから
何イルカ?と(笑) いもこは女の子だと思ったし
c0051781_2149266.jpg

もとい。小網町にある入鹿神社と正連寺
c0051781_226478.jpg

本堂の大日堂におられるのは
鎌倉頃と思われる作者不詳の大日如来
いつか拝ませていただきたいもの
それと世にも珍しい 「涅槃図」 があるという
絵師が自分の飼い猫を(元祖国芳かね・笑)
こっそり忍ばせたか依頼されたか というところ
(お寺の栞によると二匹いまっせv)
c0051781_22125988.jpg

年季の入った縁側に腰掛けてくつろぐもよし
c0051781_2226285.jpg

ベンチでおしゃべりするもよし
c0051781_22343916.jpg
c0051781_2235476.jpg

大日堂の裏庭で薬草を育てているんだって
地域でとても大事にされていて
何かあったときに頼みになるような
駆け込み寺のような大日堂と
c0051781_2335429.jpg

入鹿神社の小網町は入鹿の首が飛んできた場所
なので頭痛など首から上の病に霊験あらかたvvv
底抜けに明るい境内は拝殿の屋根から ぬ~っと
カネゴンみたいのがこっち向いて お賽銭ちょーだい て
c0051781_23235422.jpg

で。金綱井の小網町の昼下がり
c0051781_23321892.jpg

中臣の多武峰には参りません とか
中臣母の生地である明日香小原とは縁組みしない とか
c0051781_2333256.jpg

地域に愛された入鹿にまつわる伝説がたくさんあるよ
c0051781_23331058.jpg

見通しの良い小網町の金綱井
河内と那羅山の双方から攻めてくる
大友軍に対応できる場所だったとか
c0051781_23335655.jpg

その大友は千葉の君津に落ち延びて
(大友の東下りというらしい・笑)
蘇我赤兄と一緒だったとか
しつこいけれど兄贔屓なあたしとしては
それはそれで楽しい伝説

入鹿の首の根(^^;)
c0051781_0362057.jpg

じゃあね~
きょーは暑かった=3
明日も暑いらしい=3
寝る
by elsur147 | 2014-08-06 00:50 | climatnara | Comments(0)
<< 吹負とウサギの横大路(7/27) 榛原は西峠で吹負を思う(7/25) >>



climatnara Gunners robinvanpersie