arsenal seveile

無題(笑)

走り去る
二上山は容姿変え 復路近鉄 翔ぶが如くに=33

あたしの心のあらわれですかね、
橿原神宮前から京都行き
の特急に乗った時ほど
「遁走」という言葉を強く感じる事はないです。。

よって添付写真なし。
携帯のじゃ追っつきませんて。
by elsur147 | 2014-06-06 14:39 | climatnara | Comments(2)
Commented by たき at 2014-06-06 21:56 x
昔に “旅終えし 車窓を走る 桜かな” と云う俳句作ったことありました。
二上山が走ったのですね。いや翔んだのだ!!

「翔が如くに」 わかります。
Commented by elsur147 at 2014-06-07 01:21
>たきさん
こんばんは~
コメントありがとうございます。
旅の帰りは切ないですよね
後ろへ過ぎていく桜を目で追うのは。

二上山もどんどん遠くなってシルエットも変わって
ついに見えなくなるのを寂しく思うものです。
そういう気持ちとは矛盾しているのですが、
自分が急ぎ足で逃げているような気がするんですよね。

でも今回はフタコブのシルエットが撮れました~v
またいらして下さいね。
<< 帰りのぞみは雨ザーザー 深大寺(おまけ) >>



climatnara Gunners robinvanpersie
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30