arsenal seveile

しらやまさんの麓道

石川県の国内最古w
能美市の須恵器に未と二年

お帰りは。
バスの時間を見ながら歩いて降りる
手取川の上流がチラチラ見える瀬波の里を。c0051781_21163752.jpg

なにげにお杉
c0051781_21171255.jpg
c0051781_21173756.jpg

トンネルを歩くって こわいぞ~
c0051781_21175949.jpg

水力発電のハシゴ
光っているところが川
c0051781_21182540.jpg

“赤い橋の向こうが三ツ屋野の里だよ”
「みつやの」 という地名と
遠くに赤い橋を見る この景色は忘れがたい
c0051781_21184586.jpg

赤い橋の下は手取峡谷になっている
c0051781_21294996.jpg
c0051781_21302435.jpg
c0051781_21305698.jpg

あんなところに滝が~ って
写真が途切れていてガッカリ
c0051781_21313558.jpg

今頃は そばまつり を前に
蕎麦の花で真っ白になっているらしい蕎麦畑
c0051781_22315966.jpg

先を歩く父を追いつつ
c0051781_22325596.jpg

空の雲や山の変容を眺めつつ
歩きだと
その変化も少しずつで
時間もゆったり流れているよう
c0051781_22332169.jpg

バードハミングまでも歩いたので
白山里のある瀬波の里から
トータルで何キロ歩いたんだか
ノボリ旗は毎度毎度の裏返り(笑)
c0051781_2236891.jpg

三角形の
オニギリ山に鳥越城趾がある
c0051781_231486.jpg

小高い山というより丘陵だからか
四方を囲まれていても息苦しくない
スコーンと吹き抜けのような
まこと空気が美味しいのである
c0051781_2313013.jpg

百姓の持ちたるこの里に
自分が出来た元があったの
(元の半分・笑)
そのことを今更ながら
もの凄く幸せに感じるvvv
c0051781_2315150.jpg

ここから姿は見えずとも
白山霊峰に連なる山山
c0051781_2321124.jpg

バス停に着いたら時間を見て
まだだいぶあるから先へ行こうか と
c0051781_23230100.jpg

次のバス停もやり過ごし 
c0051781_2331672.jpg

手取峡谷100Mって矢印があって
100Mってすぐだけど
ねえ手取峡谷って
さっき赤い橋から見たあれ?
そうだよ
じゃ行かなくてもいいや(笑)
下行ったからってどってことないよ
(それは違うと思うけどな^^;)
c0051781_0142417.jpg

比咩の米
神様にも供えるのでしょ
角を曲がると
c0051781_2333842.jpg

まっすぐな道の遙か向こう鳥居が見えたw
c0051781_2343285.jpg

by elsur147 | 2013-09-20 00:35 | sato | Comments(0)
<< 麓は続くよ飽きもせず 閑話休題 >>



climatnara Gunners robinvanpersie
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30