arsenal seveile

父と見たnara

いいかげんに終わりにしないと
5月23日の話をいつまでも~
で。田植えが終わった日御子町
c0051781_19173290.jpg

獅子吼をゴンドラで降りながら
いま金沢に奈良の仏像が来てるよ
行ってみようか まだ時間あるから

えーーー 父から nara と聞くなんて 
nanto 意外な (とんだ井の中の蛙ならぬタコスケ=3)
で 橿原神宮初詣の話などを聞いたわけです。

で お抱えのタクシーを呼び出してGO~
(日御子から小松より金沢の方が近い)
途中で 獅子頭の千田工房 の前を通ったら
筋金入りな風貌の職人さんが出てきたところで
(あの爺さんが作ったんや) と。

で。あっと言う間に県立美術館の前で
(日御子は小松より金沢の方が近い)

ここに金城霊沢があり(きんじょうれいたく)
前田利家が 芋掘り五郎兵衛の伝説にちなんで
(正直者が芋を洗ったら砂金がざくざく)←ちょと違うが
町名を 金沢 としたと伝わる、
「金洗いの沢」 もあるらしい、
前田家と後水尾院が 心の同志 と崇める、
菅原道真の
金沢神社 (前置き長ぇぇぇぇぇ)
c0051781_19274267.jpg

で。県立美術館の表玄関から
国宝 薬師寺展のページに飛ぶと
カーソルがキント~ンv

「まもなく僧侶による本日最終のガイダンスが始まるのでご参加ください」 と
何度もくりかえし、館内放送だけでなく、
係員が各部屋をまわってお誘いに来られたので
なんか学校にいるみたいだ と思ったりしたのである。

聖観音菩薩と吉祥天女像のほかに
凍れる水煙のレプリカがあった。
東塔露盤蓋板と伏鉢も来ていた。

c0051781_20133569.jpg
とか奈良時代の大般若経47帖
凄かった~ 墨書された箱ごと
ごっそり出てきたらしいです。
(大目玉だな)
奈良時代の魚養経もあったので 
ふと十輪院 を思い出したり。
で。いつか薬師寺に行ったときは
この背中を思い出すんや(*^^*)


あと 奈良時代の等身大の十一面観音w
長髪(ロン毛)を
両肩にたらしているという珍しいお姿v


それらは修理中の東塔におさめてあったのだらうか
たぶんそう?東塔の四天王と日光月光も来ていた。

薬師寺展だから その流れで密かに
大津皇子が来ていないか という淡い期待は
泡と消えたが(そうは問屋が?はいはーい)

で。帰りは香林坊まで歩いてバスと電車で。

金沢城公園と兼六園をぐるりとまわる
百万石通り (奈良でいえば登大路か)
・旧制第四高等学校 跡
c0051781_20335784.jpg

金大理学部、金沢地方裁判所を経て
現在は郷土資料館になっているらしい
初代館長が加賀18代目の前田利祐だって。

あれ?
金沢城と兼六園をぐるっとまわるって
皇居の外堀内堀と似たような・・・
話とぶけど金沢城はぷち江戸城だったとか
似ているんだって(主に高山右近による)

で。香林坊でコーヒーブレイク
ブレない味を求める父の希望でスタバ
ここらへんはあたしに似ている
ちなみにあたしはタリーズ派v

ストロベリーシフォン だったかな
c0051781_21401712.jpg

激ヘビーーーな濃厚ショコラ
父が頼んだデビルスケーキは
こっちに半分まわってきた(やり~w)
c0051781_2143894.jpg

野町駅までのバスはいくらでも来る
そこから石川線は1時間に2本(笑)
c0051781_2147214.jpg
c0051781_21552556.jpg

道を降りていくと温泉が?
今もやっているのだろうか
c0051781_2156495.jpg

煙突があるにはあるが。
c0051781_2158065.jpg

日御子に着いたら
駅から5分とかからない(楽)
家の前で 座れば牡丹w
(うちの庭ではない 誰の庭でもない)
丸い蕾が好きw
c0051781_227254.jpg

あたしが届けた こっちは芍薬
c0051781_2291920.jpg


c0051781_22234854.jpg

ところで。
この鐘 な~んでしょ
何で部屋の隅に?
撞木もあったので
というより
カナヅチみたいな(笑)
ちょいと撞いてみたら
ごぉぉぉぉぉぉん・・・
とホンモノの音が響いたので
あわてて逃げた(笑)






こにゃ おこられるど
c0051781_22362124.jpg

で。実家に何しにいったかというと
衣類など遺品の整理
一日で出来るだけでいいから と言うので。
それが二人して出かけてしまい
タンスにゴンしただけ(^^;)
何しに来たんだか分かりませんな
と言ったら
ニヤニヤしながら
まあいいぢゃないの(^_-)v と。

めったに拝めない霊峰 白山
夕焼けが綺麗でした。
c0051781_2245792.jpg

by elsur147 | 2013-06-11 23:08 | sato | Comments(0)
<< 築地の獅子頭 スカイ獅子吼 >>



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31