arsenal seveile

ふと「杣づと」を思い出し

本当に美味しい蒸し羊羹は
本当ーーーに 美味しいvv
あっさり しっとり している
c0051781_1973369.jpg

ごろごろいっぱいつまった栗や素朴な包み紙に紹介された良寛さんの歌を見て思い出したのは、奈良の吉野は西善の「杣づと」と、それを販売している橿原ロイヤルホテルとその周辺(笑) ちなみに良寛和尚といえば辞世の句が有名で “散る桜 残る桜も 散る桜” ああ無常の世界である。命あるものは滅び、それを悲しむ今まだ命あるものもいづれ亦。法事には、そういうことを改めて思い起こす目的もある。行いに寄らずひとえに主を頼む者は幸いなり、と。真宗大谷派の本を読んでいて気がつけば、心でキリストイエスを辿っているが。
c0051781_19103736.jpg

竹の皮で直にくるんであるので竹の皮のあとがついている。
c0051781_1937737.jpg

どこを切っても。金太郎くり蒸し羊羹
c0051781_19371680.jpg
c0051781_1937246.jpg

姉妹品は「比咩」(ひめ)という名が可愛いv
白山比咩神社は実家の近く(威張るんじゃない)
c0051781_1948685.jpg

こちらはクルミがざっくざく。
無心にというより一心不乱に(笑)ぼりぼり と。自分に野生を感じたり。
c0051781_2014508.jpg

ついでにいただきもののお菓子など
白山くるみパイはクルミ入りのクルミ餡をパイで包んである。
美味しかったv (今は千葉のピーナツパイで代用・笑)
c0051781_2021182.jpg

そうそう。ピーナツついでに似たもの同士な?
c0051781_20471920.jpg

アーモンドフロランタンというのか。ガレットにアーモンド。ぶ厚い
c0051781_2048357.jpg

で。小松の素朴なお菓子に比べてかしこまって美しいのが金沢銘菓。
落雁の老舗「諸江屋」金の霊澤は砂金包みも芸術的だわ美味しいわ
c0051781_20381180.jpg

しっかり巻かれた包みをほどくと抹茶羊羹
c0051781_20404377.jpg

中にザク切りの栗甘露煮。いい塩梅に歯ごたえを残した炊き具合が最高~w
c0051781_20405957.jpg

by elsur147 | 2013-05-09 22:14 | sweets | Comments(0)
<< 実家の本堂とか お参りスイーツ >>



climatnara Gunners robinvanpersie
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30