arsenal seveile

朝の念仏寺から二見駅まで

これ何処だったかしら 
カメラどっちに向けてたか忘れちゃったよ
大きな橋が見えるから東吉野の方かな
吉野三山はこの写真では分からないけど
栃原岳・銀峰山・櫃ヶ岳 とある。 
(なぜに竜王山は入らないのか)
c0051781_20401212.jpg

念仏寺の参道
c0051781_2055070.jpg

祭りのあと ではないけれど
翌朝の静けさが好きなんです。
子供の頃の記憶かな
神社の境内で盆踊りがあって
その矢倉が残ったままの誰もいない翌朝とか。

予想(期待?)に反して
こちらは人の出入りが多くて
後片付けの真っ最中でした(笑)
でもいいないいな いい感じ
作業の合間に和みの一服w
c0051781_21191848.jpg

何度もすみません
c0051781_21263353.jpg

お藥師様も親子で鎮座w
c0051781_2114431.jpg

民族文化の素朴な香り
「阿弥陀さんの肩たたき」 と呼ばれる
ボウダ(棒打)の板壁
c0051781_21352886.jpg

坂合部橋(さかあいべ)
昔は吊り橋で 「渡し」 もあったそうです。
吊り橋って 写真か映像でしか
見たことない そういえば
橋を境に。 右:奈良県/左:和歌山県c0051781_2274686.jpg

吉野川 どんだけ蛇行すんのやら
c0051781_2302173.jpg

和歌山県は紀の川
フェンスの向こうのアメリカ ならぬ
橋の向こうは和歌山県 と。
c0051781_2323196.jpg

あの山は金剛?ここのに限らず幟は
カメラを向けると必ず裏返る(笑)
c0051781_2393279.jpg

ふいにどっからかマーチが。
出初め式だったのか
c0051781_2321267.jpg

こちらはさしずめ
フェンスの向こうの制服美w(こら)
c0051781_23225099.jpg

誰もいない道を歩いていて唐突に
現れた(ように感じた)セレモニーは
前にこれと同じような場面を
映画で見たことがあるような
アメリカの中西部かどこかにいるような
奇妙な感覚にとらわれた。
c0051781_23215966.jpg

で。二見駅に着いてほっとしてたら
なにこの看板 矢印が 「すだ」 → 行き に しか付いてない
c0051781_055248.jpg

よく見たら線路が片側にしかない
c0051781_1233499.jpg

という~ 信じられないでしょうが。
「単線」  というのをはじめて見た
それと分かるまで
五条方面へ行く二見駅は
この駅と違うのかと
間違えたのかと
不安と心細さで
泣きそうになりました(笑)

駅前で地元のおじさまに尋ねたら
中へ入って来て時間を見て
時刻表を指で差しながら
丁寧に説明してくれました。

奈良行きなや 桜井のまほろば線や と。

桜井が。呼んでいるのかもー
by elsur147 | 2013-01-31 23:38 | climatnara | Comments(0)
<< 車窓は語る心模様を 神が鎮座する旭宣坊 >>



climatnara Gunners robinvanpersie
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30