arsenal seveile

西の良弁/東の実忠

開山堂で良弁和尚を拝んできました(ちーん)
手前のお供えは境内で実った花梨
c0051781_22192610.jpg

受付にカゴ盛りで ご自由にどうぞ と。
(こりゃリンゴだ) 
c0051781_22513723.jpg

花梨ときたらマルメロだわさ
c0051781_22185132.jpg




花梨はマルメロとちゃうで
マルメロは一属一種なんや
と。
おっちゃんは。
日がな一日マルメロの絵を描いて
そんな日常を綴った映画だ。
去年の秋 震災復興祈願も兼ねた映画祭で
金峰山寺に来たビクトルエリセ監督の。


こういう とりたてて動きのない
淡々とした映画を観る余裕というか
今はないな~
動かない物を見るために
自分が廻る元気はあるんだけどね(笑)
c0051781_22534359.jpg

良弁和尚は
体育会系の雰囲気まんまんで
おっかなそうだった。
お行事が悪いと
あの棒でぴしゃりとかやられそうで
大仏殿を見守る というより
見張っているというか(笑)
c0051781_23104231.jpg

実忠和尚は二月堂を見守っている
c0051781_231214.jpg

というわけで 
お二人が背中合わせで とは
そういうことだったのね~
c0051781_23145743.jpg

なんでも重源上人は即身仏だそうで
今でも夜な夜な念仏を唱えているとか。
お数珠の玉の位置が見る度に違うんだって
それとか出張が多いので
だいぶお疲れのもよう
疲労骨折もあるかと思われ
そろそろ老人健診に行かれるとか
俊乗堂で聞いた小話。
いやいやこれはこれは 奈良太郎~
c0051781_23323486.jpg

んで。こっちも背中合わせな・・・
背中合わせじゃないか
南大門の門番
どっち向いてたっけ(おいおい)
金剛力士の後ろに狛犬が鎮座しているのは
ここと東照宮だけなんだって。
えー東大寺にそんなのいたっけか?ここに座っている↓
c0051781_23253219.jpg

というわけで
その狛犬も確認してきた節穴タコスケ
(あ こっち向きだったか)
c0051781_23375584.jpg

今日、年賀状を投函しました=3
いつも三が日で書いていたのが
年末年始は特養に行くようになってから
仕事始めの5日に書いてるのであるが
今年は5日が土曜日だったため
今日が仕事始めというわけで・・・
言い訳がまわりくどくどめんどくさいやつ
じゃね。 糊こぼしvvv
c0051781_23451741.jpg
by elsur147 | 2013-01-07 23:57 | climatnara | Comments(4)
Commented by たき at 2013-01-08 09:52 x
いつもいつも楽しいコメントはマネのできない才能の持ち主と尊敬しています。

重源上人像は今にも立ち上がって「早よ動け!!」と迫る迫力があって好きな像です。
Commented by elsur147 at 2013-01-09 00:17
>たきさん
こんばんはー
早速のコメントをこちらこそ
ありがとうございます。
楽しいと仰っていただけて素直に喜んでおります(*^^*)

重源上人は私が今まで拝んだ中では一番リアルです。
たきさんのお言葉通り、まさに、今にも
どっこらしょと立ち上がりそうな雰囲気ですよねー

でも良弁僧正もけっこうリアルで
右の拳が動いて、あの棒(如意)で
ちっちっちと振られそうでした(笑)
Commented by なむさいじょう at 2013-01-09 01:19 x
こんばんは!

最初の写真。
良弁さんが3Dのように立体的に見えてしまいました。(笑)
良弁さんの棒で、かゆい背中をかいてもらいたいです。(バチあたり)

12月16日は東大寺の境内ですれ違っていたかも知れませんね。

今年もヨロシクです。

Commented by elsur147 at 2013-01-10 00:09
>なむさいじょうさん
こんばんは。遅ればせながら
明けましておめでとうございます。

なむさいじょうさんも開山堂へ行かれたのですね~
雨上がりにまだ紅葉も残っていて
全体的にしっとりと良い雰囲気でしたね。
私はお茶屋で長々と暖をとっていました。

あはは、3Dな良弁さんの如意
大きな耳かきだな、とも思ったんですけど
孫の手ですね(笑)

こちらこそ!今年も宜しくお願いいたします♪
<< 東大寺門前にて 銀座バブルの交差点 >>



climatnara Gunners robinvanpersie
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30