arsenal seveile

何を今ごろ怒濤の長谷寺

すいませんね。10月下旬に行ったときのだ。
思い入れのあるベンチから見上げる山門
あのときは (どの時?) 夕暮れに灯る
ぼんぼりを眺めていたっけな~(遠い目)c0051781_1725288.jpg

登廊のはじまりはじまり
前に行ったときも写真撮ったやろって?
前は前 今回は今回。
行くたび 見るたびに 違うんだよ(ぴしゃり)c0051781_17275774.jpg
c0051781_17374119.jpg

紀貫之の梅。あたしの好きな歌の碑がある。
・人はいさ 心も知らず 故里は 花ぞ昔の 香に匂ひける・
住む人も心も変わりやすいけれども。。c0051781_1738545.jpg

ここが一番好きな場所
登廊が眩しくて嬉しかった
c0051781_1755877.jpg

キチンと揃って建っているvvv
c0051781_1825697.jpg

巨大な観音様が納まるように と
入母屋の上に屋根を葺いて高くしてある。
なんちゃって二層の実は一階建てという
遠くからだと屋根が十文字に見えるんよc0051781_18135725.jpg

渡り廊下の向こうが眩しい(から?何?)
c0051781_18251890.jpg

特別開帳で五色の暖簾vvv
礼堂も
観音さまの本堂と
一つ屋根の下にある。
c0051781_18391553.jpg
c0051781_19272873.jpg

何度立ってもうれしいスポット
c0051781_18464167.jpg

隠国の 
泊瀬の山は出で立ちの 
よろしき山 走り出の よろしき山の
隠国の
泊瀬の山は あやにうら麗し
あやにうら麗し 

こもりく という言葉の響きが好き
c0051781_18513624.jpg
c0051781_19121056.jpg

どうしても お犬様 に見えてしょうがない
c0051781_19265110.jpg

三社権現も長谷寺にあって好きな場所
c0051781_19342399.jpg

滝蔵権現が徳道上人に本堂を守ると告げた場所
泊瀬を守る地主神は仮装大会vvv
真ん中は 「滝蔵権現」 
(老いた父に化けているとか)
右は地蔵菩薩の 「石蔵権現」 
(比丘・びく・のコスプレ)
左は薬師如来の 「新宮権現」 
(柔和な女装の出で立ち) 見た~い
c0051781_19513910.jpg

能楽の奉納とかあるんですかね
見てみた~い
c0051781_1952260.jpg

隠国の火 ほの
c0051781_19544348.jpg

帰りにお楽しみの草餅を
白髭神社のところのなんだけど
なんと!「ゆば」 と書いてある
行ったときは 見えてなかったというか
なにー
今度行ったらチェックしないと=3c0051781_19575599.jpg

というわけで。閉門間近の長谷寺だったな
そういえば。。
c0051781_2001177.jpg

ひとつひとつ名残惜しい風景だよ
温湿布を貼ってくださったオバサマのお店
c0051781_2052321.jpg

初瀬川の初瀬らしい景色も好き
c0051781_2061434.jpg
c0051781_2064239.jpg

もちろん!!! またお越しますとも~
c0051781_2073314.jpg

この何というか 
赤鳥居から古い石灯籠から
ガス灯らしきものから
道路標識ありの 看板ありの 電線ありのの
ごちゃ混ぜなところも長谷寺らしくて好きvc0051781_2085097.jpg
c0051781_20141036.jpg

堰堤を眺めていても飽きないc0051781_20143846.jpg
c0051781_20304783.jpg
c0051781_20311587.jpg
c0051781_20321569.jpg

室生寺と長谷寺と 
どちらかでも行ったときしか
見たくない景色だったり。
(乗りたくないという意味)
c0051781_20332765.jpg
c0051781_20333985.jpg
c0051781_20335052.jpg

三輪山け?なかなか縁が 薄いな(笑)
c0051781_2043275.jpg

若さが自慢の耳成山だが
それよか ビスタカー キャッ~チc0051781_20451880.jpg

不思議なことに
桜井から二上山が見えてきて
その前に耳成山とか見えてくると
大和八木が近くなると
現実に戻ったというか現世に戻ったような
奇妙な感覚にとらわれる
c0051781_20385980.jpg

by elsur147 | 2012-12-05 22:22 | climatnara | Comments(0)
<< 眺めのいい部屋@橿原ロイヤル ぷりん >>



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30