arsenal seveile

静岡の運慶仏をめぐるバス

こだま:東京-新三島
観光バス:富士市-沼津-伊豆の国市-函南町-三島市
こだま:三島-東京
c0051781_21442657.jpg

というルートでした。起点の往復は新幹線というのが決め手v
時間が決まっていれば渋滞でイラつく心配とかなさそう
なにより、個人では廻りきれないコースをバスで楽ちん

瑞林寺(富士市)
京都の萬福寺が本山という黄檗宗(おうばくしゅう)
インゲン豆の隠元禅師が伝えた臨済宗の流れ
ちょっと分かりづらいかもだけど
本堂の前にソテツの山門(そら山門と違うで)
c0051781_18591188.jpg

目玉仏は。康慶と伝わる(運慶の父)
木造地蔵菩薩坐像
(離れの収蔵庫に安置されている)←何かいいたげ
胎内仏は運慶作とか。そっちも見たかったぞ
c0051781_1912268.jpg

で、山門ってやっぱり
c0051781_19101571.jpg

中から振り返るの方が好きなんだな~
c0051781_19113385.jpg

これまた分かりづらいけど鍵型の参道。クランケ
それと石垣は何のためにあるんだろうね
c0051781_19131334.jpg

太鼓橋から。本堂の正面まっしぐら
c0051781_19144632.jpg

鐘楼に裳階。どう見ても二階建てだが。
竹林の向こうが山門(南口になるかね)
c0051781_1940219.jpg

バスの中です。富士山は裾の方しか見えませんな
あーたまを くぅもぉのぉ なーかにー 入ぃれー だ
c0051781_19492849.jpg

富士市は紙の町。煙突の煙や工場もたくさん見えてた。
遠くに見える連山は愛鷹山(あしたかやま)
1500メートル級が連なっていて富士山は隠れてしまう。
ほらあれだよ、春日山と御笠山みたいな関係(どんなや)
c0051781_19482210.jpg

富士市から沼津市へ向かっている。
千本松原。田子の浦港から10キロに渡る。
c0051781_2041267.jpg
c0051781_20414938.jpg

沼津港で昼食をとる時間が約70分て、短っ
だって港の目の前に、お食事処が軒を連ねて
魚市場や水産物の複合施設もあったりしの
お弁当の移動販売もたくさんたくさんいろいろ~
c0051781_20511389.jpg

けどそんな美味しそうなお昼はパスして
あたしは長谷寺へ行ったのでした。
沼津港付近を検索してて見つけました。
歩いて15分なら飯くってる場合じゃないって=3
バスで来た道を戻る感じで西へ直進GO=3

なんということもない、これだけなんだけど。
だってわざわざ行くってどんな凄いお寺なのかって
添乗員さんもみんなも思ったみたいで
戻ったら根掘り葉掘り質問攻めせで参ったちゃん

なんかすご~く来てよかったな~って思った。
昔は奈良の長谷寺の末寺だったんだってvvvc0051781_20582619.jpg

沼津市のサイトに「昔は大和の長谷寺の末寺で」 
って書いてあった。やまとの はせでら って 何か嬉しい
で。法相宗から真言宗に変わり今は時宗だそうですが。
で。曼荼羅堂には大観音曼陀羅が納めてあります。
航海の安全祈願と、帰還の返礼に奉納されたそうです。
120反の帆布で出来ているとか。ものすごい見たーいc0051781_212965.jpg

大和に初瀨寺・・・ と書いてある。 ここらへん↓
c0051781_2135617.jpg
by elsur147 | 2012-09-13 23:52 | etcetra | Comments(0)
<< ツナサンド 今時の東京駅 >>



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31