arsenal seveile

TV番組のタイトルで思い出したイタリア映画

タイトル長っっ

NHKの「崩れる大地」 から 「揺れる大地」を。
ヴィスコンティの骨太映画(1948)
<海の神話>というサブタイトルがついていた。
今改めて 観てみたい
c0051781_16565453.jpg

映画は自然災害ではなく
シチリアを舞台に
網元の横暴や搾取と闘いながら
逞しく生きる漁師一家のお話。
c0051781_1732724.jpg

演じたのは地元の素人漁民で
ヴィスコンティが見つめる世界は
美少年ばかりではないのだが(笑)
(ベニスに死す とか)
脇に映る少年や青年の美しさに
はっと息を呑んだことがある(笑)
c0051781_1945166.jpg

助監督がフランチェスコロージ、フランコゼッフィレッリ
超超今更ながら 凄いなあ
夫、息子、恋人を待ちながら
家を守る、女も母も強かった。
c0051781_174086.jpg

ちなみに 「ベニスに死す」 とは。
ダークボガードが(マーラー?)
海水浴場で見かけた美少年を
日がな一日 眺めて過ごす そして
猩紅熱かなんかに罹って死んでいく
ただそれだけを2時間ちょっと・・・
いえそれだけではないのだけれど。
ヴィスコンティ監督を筆頭に
映像も音楽も俳優も上等博覧会vvv
贅沢な映画だった。
c0051781_20101949.jpg
by elsur147 | 2012-09-06 20:13 | etcetra | Comments(0)
<< 今日のランチ 残った玄武は近くて遠い >>



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31