arsenal seveile

五劫の劫から車窓まで

これは普通の道。歩き疲れて一休み。
五劫院へ行く途中。
横田酒店の並びに
(酒屋さんの名前を忘れてしまったので地図をドラッグして調べた)
自販機が三台ありますから、と
公慶道を尋ねた時に教わったとおりに
「ちゃんと三台並んでいた」のが嬉しかった(笑)
お茶を買って飲んで座って一服している。
だからって何もこんなところで座らなくても ね~
c0051781_2142561.jpg

五劫院は思惟なんですね。思惟山 五劫院。
五劫とは。寿限無寿限無と続く宇宙的規模の膨大な数
五劫思惟とは。阿弥陀仏が四十八願をたてる以前に
その誓いについて五劫もの長い間考え続けたこと(大辞林)
c0051781_2155566.jpg

でもどうしてかな。五劫の劫は億劫の劫。
おっくう(=ものぐさ)って億の力が去ると書くでしょ。
あたしの脳みそでは悟りの世界とつながらないな...

思惟山の五劫院
(ずっと東大寺の境内のどこかにあると思ってた)
c0051781_21565314.jpg

ちょうど阿弥陀様がご開帳ということで
これは是非ともvvv
三井美術館で拝見したことはあるのだけど
髪型が有名なせいか
興福寺の阿修羅と同じく
仏様だけ切り取られたような
一人歩きしているような印象だったので
やはりホームで拝みたい と(*^^*)v
お堂の中は予想外にピカピカで驚いたけど(笑)
やはり安心感というか落ち着きというか、ありまして。
よかったのでした。五劫院の寒がり阿弥陀vvv

アジアンチックな納骨堂。入り口の階段がよか~
c0051781_22394938.jpg

見返り地蔵と朝日地蔵も良かったな。
だけどなんというか奥が深いというか
仏教の世界は難しいな。つくづく思った。
鐘楼は修理中じゃ。
番人はマリア観音 おあいにく~(つーん)
c0051781_22474276.jpg

お帰りはバスにちょい乗り。ホントちょいちょい
今在家を出るバスをつかまえたので
バス停の写真を撮れなかった、残念。
で。大好きな登大路の県庁前で降りたわけ
c0051781_22523616.jpg

屋上は初めて。興福寺の五重塔ばっちりやvvv
c0051781_2355737.jpg

広々していて、ものすごーーーい気持ちよかった~
日なたのベンチでウトウトしかけた。
強い日差しがまったく気にならない方 ですですvvv
c0051781_237133.jpg

分かるかな。この写真じゃ分からないだろうな
御笠山と春日山の境界、ハッキリ見えたよ。大収穫!!!
c0051781_23112667.jpg

あーん 山容の違う二上山とかが~
c0051781_23135071.jpg

お邪魔虫はコレかい(笑)
c0051781_231584.jpg

でも好きだよ。懐かしい並びの THEバイパス
c0051781_23165482.jpg

と、もうひとつ懐かしい場所がここよー
52段を下りたとこにあるお茶屋
池の畔で母と幼い息子が遊ぶ姿も微笑ましc0051781_23184172.jpg
c0051781_2325284.jpg

で、いつも何なんだろうと思っているのが
「ひやしあめ」って何?飴と違うの?
まさか飴を冷やしてあるわけないし
お店で聞いたら頼まなきゃ 買わなきゃ 
いけない気がして。聞くに聞けない(笑)
c0051781_23214930.jpg

これがいただきたかったのよ~。おろし蕎麦vvvc0051781_23283181.jpg

で、必ず帰りは猿沢池のこっち側。
写真は今イチだったけど眺めていると
南円堂のカランコロンが空耳泡~
c0051781_2333147.jpg

そして必ず寄るのが。ぜいたく豆本舗c0051781_23371554.jpg
c0051781_23405321.jpg

シャトードール
c0051781_23374178.jpg
c0051781_23415488.jpg

パンはドイツっぽいけど
袋はフレンチトリコロール
自由・平等・博愛や
c0051781_23423876.jpg

靴下屋vvv
c0051781_2338026.jpg

やっぱ近鉄奈良から帰るときが一番せつない。
あっと言う間だからかなー
線路が飛んでいくのが、後ろに、去っていくのが。
c0051781_23445157.jpg

遠ざかる若草山もまたさびし
c0051781_23451029.jpg

by elsur147 | 2012-08-28 00:13 | climatnara | Comments(0)
<< 日経に載った奈良 いつか見た記事(公慶道) >>



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30