arsenal seveile

三月堂の法華堂は

羅索堂ともよばれていた。羅は狩猟の網、索は釣り糸。
その網と糸で、ご本尊だった不空羅索観音が
人々の苦悩をたぐり寄せて救済してくれていた。
でもその観音様はもうここにいないし帰ってこない。
c0051781_23561289.jpg
この白い看板↑みたいのが
いい按排に車のナンバープレートを隠してくれてvvv
あたしが置いたんじゃねえですよ

四月堂の正面から三月堂の写真を撮るのに
あの辺の車を入れたくないんだよねえ、とか
おじさんおじさん、それは無理な相談だわさ
どうしても入れたくなければ
自分が動いて絶妙なアングルを探さないとな(^o^)

で今回は。二月と三月に押されて地味な
四月堂(三昧堂)にあがってみようと思ったら
ご祈祷の出入りが多かったので遠慮した。

で。もう一つのお目当て。開山堂が見えないかと
北の縁側からのぞくも 屋根しか見えませんで。
下へ降りて柵ごしに覗いたら
お水取りに燃えた、お松明があるじゃないか~
c0051781_0222677.jpg

開山堂には。良弁と(彼が愛用していた如意を持っているらしい)
実忠和尚が背中合わせに座っているとか。
12月16日にご開帳やて。今年は行こっかな~と目論み中
それと糊こぼしのホンモノが植わっているらしい。
見たあああい

「今は咲いてないですよ(ぴしゃり)」 とは、二月堂にいた係員。
(そんなこと言われなくたって分かってるよ=3) これは心の中
「そうですよね~」 ふっ...(^.^) 表づらは、残念そうな笑顔や

で。開山堂は
二月堂の舞台からも屋根しか見えないのであった
c0051781_0434930.jpg

屋根しか、ということもないんだけど。
そういえば、12月16日といえば、
執金剛神像はどうしたのかな。まだ拝んだことがありません
厨子の前に2基の鉄釣燈籠があって(それもどこにあるのか)
火袋中段の網に蜂が止まっていて、この蜂は
金剛神の元結から飛び出して平将門を刺したとか。
ほんまかいな 
へ~この蜂が~ という目で見たいぞ(^O^)v
by elsur147 | 2012-08-19 01:10 | climatnara | Comments(0)
<< マンウーのロビン 若草山の麓から >>



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30