arsenal seveile

五條は御霊だけでなく

母と子を、息子が父を、弔う社。
聖武天皇の娘で。孝謙天皇の姉でもある
井上内親王の悲運を弔う井上神社は
c0051781_17133324.jpg

息子の他戸親王と
腹違いの息子である早良親王(桓武天皇の弟)
内親王が護送される途中で生んだ と伝わる
火雷(ほの いかずち) と
一緒に眠っておられます。
(という表現は適切ではないけれど)
c0051781_17141125.jpg


それらと別に。井上内親王にかかわる貴人がもうひとり。
彼女の女官で流罪になった安都堅石女(あとの かたひめ)
かの弘法大師空海の。叔母である可能性が高いとか。
c0051781_17144977.jpg

で。節句祭には母に会える息子の雷神
地元では火雷さん(からい)
こと 若宮さんを探したわけです。
地図には出ていない道が沢山ありのの
田んぼのあぜ道を進んだがどうした(笑)
c0051781_17184859.jpg

だいたいね。お節句祭りをするというのに
あぜ道しかないバカな話があるもんか
ほれ見ろ(左に入る道を見落としたんや)
鳥居の右に。常夜灯が二つ
c0051781_17314276.jpg

こっちの↓ 母子のように二つ
c0051781_175026.jpg

ここに悲しそうな狛犬がいると聞いた
母上はどこ?今にも泣きだしそうな
c0051781_17392294.jpg

男の子だから泣かないよ
歯を食いしばっているように見えるのも 
いじらしくて可愛い狛犬
c0051781_17395945.jpg

一面の緑が黄金色に輝く頃
また来てみたい。いつの日か。
c0051781_182822.jpg

あと。五條に来たら見たかったのが
丹生川で。見えたんだけど。
御霊本営を下りたところが圧巻で
石橋からの眺め 最高でしたvvv
写真に撮れたのは ほんのチラ見え
c0051781_17193513.jpg

さて。話はすこし前に戻って。
高鴨神社から南下して。次に来たのは
藤原武智麻呂の創建と伝わる栄山寺
c0051781_1857873.jpg

国宝の梵鐘をおさめた鐘楼は
どこかヨーロッパっぽい造りも妙な
c0051781_1992645.jpg

で。梵鐘。さわれる国宝。そこで竜頭
時計のリューズってコレなんだって(そうでなく~)
はつみみ~
リューズって外国語だと思っていました。
(そんなんだから宇宙人とか時々言われる)
鐘を叩くと鐘が揺れて
中に下がってるのが当たって鳴るのか とか
(冗談ですよ)

c0051781_19393385.jpg
なんだ中は何もないのか
ないって 何があんのや
棒みたいのがあんじゃないの?
棒てなんや
風鈴についてるみたいなやつ
なもんあるかい=3=3

それはさておき
鐘を叩く箇所の丸いの(撞き代という)
その位置が高いほど古いらしい
上の方のボツボツは煩悩(嘘嘘)
28×4の108個。ついてるらしい


七重石塔婆をおく大日堂は
センターに十一面観音菩薩
左サイドに青い不動明王
右サイドの弘法大師とが
一本のヒモで結ばれていたvvv
c0051781_2010534.jpg

それと八角円堂の露盤がある
石のホンモノのが
なにげに置いてある
凄い
さすが奈良だ
今の円堂のは明治のだって








はす
c0051781_20151772.jpg

レンコンけ?
c0051781_20155331.jpg

とんぼ
c0051781_20213757.jpg

八角円堂の壁画の写真とか
(ぷくぷくと愛らしい天平美女♪)
お宝を展示してある資料室。
c0051781_20231029.jpg

強い日差しを避けて風にふかれ
作り付けの長椅子に腰をかければ
のんびりと心からくつろげる本堂や
c0051781_2025364.jpg

小さな弁財天にも和む境内
c0051781_20375899.jpg

で。父の武智麻呂の冥福を祈り
息子の仲麻呂子が建てたという
八角円堂 なにもかにも八角型
c0051781_20383625.jpg

扉が開いているせいか
心なしか風通しがよい気がして
大らかな印象。ここだけでなく全体的に。
親子ともどもイメージ悪かったけど(笑)
c0051781_21121468.jpg

円堂の手前の。何神社だったっけ・・・c0051781_21191890.jpg

ばかねえ・・・
c0051781_21372982.jpg

栄山寺の山門は。
寂れているのが物悲しいけど
いい感じでなはいですか
c0051781_2142996.jpg

藤原南家の繁栄を誇り
前山(さきやま)を栄山とした武智麻呂
その父を弔う息子の仲麻呂。
(叔父もろとも天然痘てショッキン)
謀略や謀反は別として。
子供にとって親は無条件に親で
繁栄の先に息子を思った親も然りで
(親子とはそうであっていて欲しいいつの世も)
そこらに親子の愛が見えた気がした。

栄えある山 「栄山」 を仰ぐ栄山寺
(後ろのぺったりした山がそれ)
c0051781_21511590.jpg
by elsur147 | 2012-08-02 23:12 | climatnara | Comments(3)
Commented by BUBIMIR at 2012-08-03 00:42 x
神社(お寺?)よく行きはるんですか?
一人旅…?
文化的でいいですねえ(。・∀・。)ノ
すごい知的に感じます。日本史苦手なんです…。
Commented by elsur147 at 2012-08-05 00:57
>BUBIMIRさん
こんばんわ
(あーまたキュートな顔文字~♪)
いいきなりですが男子やりましたね~
アベックでベスト4というのもすごいですね☆
プレミアで馴染みのスタジアムというのも
なんとな~く、こそばゆく感じませんか(笑)

はい、神社もお寺も大好きです。
なにより奈良が好きなので、
奈良の神社とお寺が好き、かな。
でも千葉からそう頻回には行けないので
近場で奈良に縁のありそうな場所を探したり
するんですけど。

で、基本的に(?)一人旅です。気楽でいいよ、
好きなように回れるし、気分で変更も出来るし
けど、私は知的ではないよ、全然ないない
日本史も奈良に関することを
つまみ食い的に読み囓っているだけ。
BUBIMIRさんは世界史がお得意なのかな~

football五輪 ここまで来たら
アベック優勝☆して欲しいですね☆☆
Commented by elsur147 at 2012-08-05 01:09
ログインして貼り直しました(狡賢い)

とりたてて目的もあてもなく、フラっと
そうだ、奈良 行こう
と思い立って奈良に行くと 
一人だし、誰も待っていないので
当たり前なんですけど。
奈良に着いたとたんに寂しくなり
家族連れを見て、羨ましく思う時もあり。

けど、誰かと一緒だと印象が深まるので
あとで思い出した時にしんどい のよね。
<< 奈良みやげ 奈良の立ち上がりから御所の端っこ >>



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31