arsenal seveile

吉野山とは

各務支考の詠んだ歌に
・歌書よりは軍書に悲し吉野山・
亀井勝一郎氏が表現した言葉には
「悲哀と憤怒の吉野山」 と。

山一面の桜は魂を慰めてくれただろうに。
花見のメッカになって煩わしいかも
(西行はそれでカンシャクおこした歌を詠んだ)
それとも賑やかなのを喜んでいるだろうかc0051781_0384061.jpg

葛城地方を跋扈していた
アングラ小角は伊豆へ流され
そっから富士山へ飛んだとか。
日光にも来たもようで(笑)
お堂にちゃかり座っておったが
それも元山内で今は場外=3
c0051781_1114056.jpg
by elsur147 | 2012-07-07 01:21 | climatnara | Comments(0)
<< まだある吉野(ひつこい) 柿の葉すしと山栗ソフト >>



climatnara Gunners robinvanpersie
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31