arsenal seveile

というわけで金環日食

5月21日の金環日食は会社の近くで見られるよ♪カレンダーにマークしときなよ♪と言われ(ダンナから)、それが3月だったか4月だったか、とにかく二ヶ月続きのカレンダーをめくって曜日を確認したのだから、ずいぶん先の話だわと思ったもんですが、黒い下敷きのようなものを何かで加工したらしいダンナメイドの日食グラスであたしも人並みに観測することが出来ました(笑)、浦安を過ぎたあたりから欠けはじめ、築地の交差点についたのが7時20分。リングは雲の御簾に見え隠れ。その切れ間から太陽が繋がって見えた瞬間は眩しくて、神々しかった。写真に撮れたのは部分日食だけですが~
c0051781_21205541.jpg
c0051781_2121383.jpg

と。雲に覆われ、世紀末のような気配も感じながら浮かんだ言葉
ヨハネの黙示録 6:12~17 
第六の封印が解かれた行。
「天は巻物が巻かれるように消えてなくなり・・・」 ですです
c0051781_2119533.jpg
c0051781_2120296.jpg

どうしてこう不穏な空気が漂うのでしょ。あたしが書くと(特異体質?笑)
ではね。
by elsur147 | 2012-05-21 22:02 | etcetra | Comments(1)
Commented by elsur147 at 2012-05-21 22:40
そうそうそれと。もう一つ思い出したのが映画。
「地球が静止する日」(内容は覚えていない)
皆が天を見つめ、その場に立ち尽くしていたから。
<< 伊豆のお土産 45億年前 >>



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31