arsenal seveile

明日香の昼下がりから一目散に

桜井からタクシーで明日香まで。自転車?時間がどうこうより寒くて寒くて、
そんな気、はなからナシオ。近鉄まで歩くのも八木乗り換えもめんどくさくて、
でもきっといつかまた自転車で。道の向こうは多武峰~
c0051781_19561663.jpg

見慣れたカンバンが見えきた。岡寺はあっち←やて 飛鳥寺もあっち←
吉野明日香もあっちや← でもって、橿原はこっち↑やと。
c0051781_20134283.jpg

書き割りみたいな写真だが。 あたしのお山さんが見えてきた
c0051781_20163081.jpg

あれやと思うんですけど (タクシーは女性のドライバーやった)
c0051781_20215856.jpg

あ、ここでいいです。 だって、どこが入り口やろかて、もういいよ 
c0051781_2020568.jpg

よく手入れされた境内。かならず東門から入ルこと
c0051781_2025641.jpg

お昼は万葉文化会館の手前。呼び込みにつられて失敗(笑)
あいにく山帰来がお正月休みでねえ ちぇっちぇっ しょーがないやろ
c0051781_20323038.jpg

ここいらの鮮魚は大阪から来るのけ?せやろな
(この辺のお魚は大阪から届くの?が本当。書いてて気持ち悪い・笑)
c0051781_20324412.jpg

本堂から見える境内なんだけど。
正面の、灯籠の胴体が(というのか)歪んでいるのと、左の植木が、
左に傾いて生えてんのがいっつも気になる。 まっすぐにしたい(笑)
c0051781_20394455.jpg

西門がすき。 あちこち出たり入ったりウロウロしていた
c0051781_2052318.jpg
c0051781_20521736.jpg
c0051781_20523015.jpg

石畳じゃなく瓦畳。なにげに足下があぶない。コケっとなりそ..
c0051781_20553064.jpg

柿本人麻呂による羽ひろげの龍王山と巻向山と三輪山は。
三輪山は。岡寺のある山のむこうだよね、かぶっているよね?
c0051781_20544827.jpg

西門からブラブラしながらモリモリを眺めたりしているのが好き
ふと思い出したのは子供の頃の記憶。安心に繋がる記憶。
従姉妹の家に遊びに行って父の仕事が終わるのを待っていた。
どう移動しても手前のモリモリは柿本の羽ひろげの邪魔をする
c0051781_212348100.jpg

大和八木からの近鉄は伊勢からの。賢島で降りてみたい
c0051781_21253022.jpg

橿原神宮前のリトルマーメイドで買ったお八つはホワイトボーラ
うちの方、リトルマーメイドも通勤圏内にないんだよね...
c0051781_21263856.jpg

車窓を追いかけるのは大和西大寺でオシマーイ
田んぼのむこうに二上山をながめる風景も大好き
c0051781_2127481.jpg
c0051781_21281347.jpg

これは、だから、高いところを走る道路が好きなわけ
(道路が走る、ねえ...)
c0051781_21284769.jpg

そんなんでも。品川をすぎて新橋にはいって
有楽町のネオンが見えてくるとほっとする。
きっと、やっぱこれがないとダメよね~とか
家から100メーター以内にコンビニがないと~とか(笑)
c0051781_2136626.jpg

企業戦士が仕事中のビルのネオンとか
八重洲あたりでも見えるライトアップとか。
c0051781_21372967.jpg

でもここを振り返るといつも寂しい、胸もとすきま風や
c0051781_21361770.jpg

前向くと大手町の日本橋口。地下から口を開けて待っている
c0051781_21363012.jpg
ここを入ったらもう~大変=333
改札を抜けて階段を下りると
ホームに地下鉄がすぐに来たり、来てたりで
平日の7時台8時台はまだまだ仕事帰りで混んでいて
それよか遅いと飲み会組で混んでいて
そうそう、帰りの新幹線は出張帰りが酒盛り大会(笑)
あっという間に現実に引き戻され
今までのはいったい何だったんだろうとか思う。

ときどき魚の目をして、まぁるい地球を、見ていたのでしょ
c0051781_21523871.jpg

by elsur147 | 2012-02-02 22:37 | climatnara | Comments(0)
<< 最後の一切れ 奈良交通の車窓から >>



climatnara Gunners robinvanpersie
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30