arsenal seveile

奈良交通の車窓から

バスに飛び乗ったはいいけど。 はて、どっから乗ったっけ、だ(笑)
あ、ここ桜井。関係ないときに談山神社行きとかちょうど来て=3
c0051781_21245674.jpg

で。長谷寺参道口か、初瀬観光センターのどっちか。
今頃になって路線図をひろげるアホ。
門前からそんな歩いてないと思うから参道口だったかも。
この路線の(路線図を眺めるのも楽しい) 終点は与喜浦だって。
ちょっと惹かれる、浦って。 海のニオイ、磯と塩のニオイがしてくる。
喜びを与える浦?どんな感じなんだろう~て、想像が膨らむ。で、
ちょろっと覗きこんだダンナが 「とれとれ・オークワ前」 にバカうけ。
とれとれ とは何ごとかと。クワガタでもとれんのか、と。
c0051781_21433715.jpg

つまんないよ、それ、と、横ヤリはサラっとやり過ごし
途中下車する予定も。 昼飯くうか、と、山びこが。
空空でれんの?れるれる、と。(「ら」 はどこへ?笑)
で。歩きたかった長谷街道はバスからのぞむよ、出雲か黒崎
十二柱神社近辺は初瀨山か↓巻向山。ちろ見えのが初瀨山↓かも
c0051781_22132953.jpg

ウワサの脇本、雄略天皇の宮跡かも、は、ここいらへん 
c0051781_22165982.jpg
c0051781_22171172.jpg

ほほっ☆玉列(たまつら←何回読んでも面白い・笑)神社キャーッチ
c0051781_2222170.jpg

この場所すごーく好き。中和幹線が好きって変だけど
この先に、冥途の飛脚の舞台となった新ノ口があり
そこから 「多」 はわりとすぐ(たしか) おお 0h!!!
で。あの橋から連想されるイメージ。オランダのポストカード
c0051781_23111919.jpg

外山 とび の竹藪。つまんないからちっちゃくしとくわ
c0051781_2243845.jpg








龍先生の(←?笑)宇陀が辻~
これ座ってんのと反対側だからね(根性)
c0051781_2245880.jpg














藥師町、かな。 雲が ぽかん と。 そ ん だ けー
c0051781_2246468.jpg

曲がったらスグ近くにあるような、どんだけ遠いんだかー
c0051781_22534537.jpg

というわけで桜井に着いたところで今日はおしまい。
すげーーー 出来たてーーー やばーーーい
c0051781_2255413.jpg

こっちもーーー 熱々だから冷ましてある
c0051781_2256021.jpg

ふくらんでんの美味しそう~ とか既に膝の上や
c0051781_22564728.jpg

おごっそさま じゃない いただきま~す
c0051781_22572140.jpg

あーあ、マルツベーカリー 近所にほし~
欲しい欲しい、ほしがるりっちゃん、最終章は
昼下がりをまったり過ごしたお寺など。じゃねー
by elsur147 | 2012-01-30 23:44 | climatnara | Comments(3)
Commented by elsur147 at 2012-01-30 23:59
古代の名残がある町に中和幹線がどーんと幅をきかせている
無機質なものと古が混在しているのが面白いなあと思うのね
平城宮跡を近鉄が横切ってて踏切があるというのもまた楽し
Commented by at 2012-02-02 18:31 x
話題のリニアモーターカーもならを通るとなると
地上は無理らしい。難しいとこですね。

このブログが誰かの目に止まって 本を出すなんて事になったら
ファン一号を名乗ります。
ずうずうしいかな。二号でもいいわ。

だってほんとに面白い。

http://blogs.yahoo.co.jp/westoka/22153232.html
Commented by elsur147 at 2012-02-02 19:47
>雫さん
こんばんは。リニアは木津あたりが妥当らしいですね。
で、良いと思います。
奈良県内は(木津は京都ですよね)いやでございますよ~
時間が短縮されるのは嬉しいけど皆が行くのはいや(笑)。
地下はダメですよね。お宝が眠っている。そっとしておいて...

あらー このブログの?
ファン一号を名乗ってくださるのですか~ 
ありがとうございます。まったくフツーの、普段の私で、
とりたてて、こう書いたら面白い、とか意識しているのでもなく...
もう少しコンパクトにまとめられないかな、
と思うんですけど。写真が~ 捨てられない症候群(笑)
<< 明日香の昼下がりから一目散に 泊瀨 >>



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31