arsenal seveile

朝の勤行@長谷寺

冬時間は7時から。闇に浮かぶぼんぼり灯籠を撮りたくて
c0051781_2125655.jpg

はげしくブレてる、明かりが灯ってる、急げ急げ夜明けは近い
c0051781_2135490.jpg

ところがぎっちょん バッテリー切れでうんともすんとも動かない=3
交換するところとか探すのに暗くて、公衆電話の明かりを頼りに
交換しているあいだに、夜が明けてしまいました(笑)
c0051781_217506.jpg

歩いているからブレている。立ち止まると寒い
それでも載せる強引さ。愛着あるのでねえ...
c0051781_2181516.jpg

失敗、もう少し早く出てご来光を拝めばよかった
c0051781_21173920.jpg

舞台から門前は撮れない 朝日が眩しくて
頭に Blinded by the Light がリフレイ~ン♪
c0051781_21175331.jpg

霜だ霜がおり寺~日常で滅多に見ないから珍しくてしょーがない
c0051781_21183999.jpg
c0051781_2119413.jpg

スロープになっているから滑りそうでした
c0051781_21201559.jpg

すごい 誰もいねえ あたしだけの本堂 
c0051781_21222498.jpg

礼堂というのか 独り占め
c0051781_21393979.jpg

わーい わーい わーい
c0051781_2138188.jpg

たしか 「流れ観音」 と教わったような。
かじかんだ指で書いたメモ判読不明...
観音経の全部に、太鼓をたたくのは長谷寺だけ。
お腹の深いところに響いてデトックス効果も満点。
リズムよし、テンポよし、ノリもよし
お坊さま達と声を合わせて唱えられる。お勧めvvv
c0051781_2124178.jpg
c0051781_225688.jpg
c0051781_2254520.jpg

寒ぼたんもふるえていた おぉ寒...
c0051781_2271651.jpg

長谷寺詣では朝いちに
夜明け前から心を鎮め
朝のお参りすませたら
仁王門は青空だ。
c0051781_2216937.jpg

雨女ならぬ青空女 
わーい わーい と 暖帯林も喜んで(*^^*)
c0051781_2218437.jpg

遙拝は山に向かっては与喜山と愛宕山の二つ。
それと、五重塔とご本尊。瀧倉神社の方か。
あと。日本最大級の仏画である長谷寺大観音は
東北へ出開帳のもよう。(もう帰ってきているかも)
by elsur147 | 2012-01-26 22:54 | climatnara | Comments(4)
Commented by たき at 2012-01-26 23:33 x
こんな長谷寺の風景初めて観ました、感動しました。一枚一枚がすばらしい!!
仏世界と自分世界が合体した様な“厳かな無の世界を感じました。

私は登廊の写真が好きです、無限の世界がその先にあるように感じて気に入りました。
Commented by なむさいじょう at 2012-01-27 02:10 x
こんばんは!

キンキンに冷えているのがよく分かりますね。

それにしても、朝の長谷寺のすばらしいこと!
こんな時間と空間に立ち会えたら、至福以外のなにものでもありませんね。
Commented by elsur147 at 2012-01-28 00:06
>たきさん
こんばんはー コメントありがとうございます。
写真は、いえいえいえ、カメラを使いこなせていなくて
なんですけど、
ほめていただけると素直に嬉しいです♪、

長谷寺の登廊、いいですよね。
登っていくときも、降りて戻るときも、
一段一段、厳かな気持ちになります。
外へ出たときはとても清々しいのです。

無限の世界、ですか~
だから飽きもせず時間の許す限り、何度でも
行ったり来たりしてしまうのでしょうか ∞
Commented by elsur147 at 2012-01-28 00:18
>なむさいじょうさん
たびたび来ていただいてありがとうございます。
はい、長谷寺の早朝は絶品です~
舞台から山を拝む造りが何よりです。
あの日は一番の寒さでしたが
(門前は路面凍結を防ぐための白い砂利が巻かれていました)

旅館をでたときはまだ真っ暗なのに、夜が明けると
朝日が眩しいのですよね、明るくて。当たり前ですが、
神様ありがとーーー(喜)という気持ちで感謝でした。
<< 泊瀨 桜井経由の長谷寺=3 >>



climatnara Gunners robinvanpersie
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30