arsenal seveile

冬枯れの室生寺は

地味で誰もいなくて、なあ~んにもないっす(笑)
c0051781_2118559.jpg

吉祥龍穴まで送り届けてくださったタクシーのおじさまは。
私が、横着した気がする、といったのを気にしていたのか、
なに、帰りノンビリ歩いたらええやないか、と。
バスん乗んなら時間にきいつけてな、とも言い添えて。

水量が低下している。龍穴は空っ穴だったし(お留守?)
c0051781_1840547.jpg

これまたお決まりのように。そろりそろりと渡る太鼓橋。
このときはまだ、室生口大野まで歩く気でいたのだが~
c0051781_18415782.jpg

室生寺も門松のお出迎え。とはいえ室生寺も長谷寺も、
門前のお店は軒並み休みだったけど。
あたしと同じく、遅いお正月休みをとっていたのでしょ。
c0051781_18453711.jpg

とにかく、かじかんだ手を温めなければ。休憩所にて。
丸いのは杉の花らしい。すぐ枯れてしまうかな、と思ったけどまだ緑。
なにかとやっかいな手荷物だったよ(笑)
c0051781_18455424.jpg

2時頃着いて4時15分のバスに乗ったから2時間くらいいたのか
ひときわ大きくて明るく照らし出される 「横顔の君」
c0051781_21181781.jpg

今回はライトも照らされており (それも明るすぎない)
私が一目ぼれしたのは広告大賞の写真で、云々...
という話をしたら、パナソニックのLEDなんですよ、と
弥勒堂のお母さんは嬉しそうに微笑んでおられた。
そのLEDは此処だけではないと分かっていてもうれしい

弥勒菩薩の横顔も拝んできたよ。
横から見えるお姿は、お腹ぽっこりの子供体型、
室生寺でいちばん古い仏様。小さくて愛らしい。
・赤い天神社も可愛いね。
c0051781_21283155.jpg

弥勒菩薩は横顔の君の妹のようで、それなら、
金堂の十一面観音はお母様、釈迦如来はお父上、
如意輪様はドロップアウトした大姉御、と。
実直な地蔵菩薩やお茶目な小姓たちを従え、
室生寺 ひとつやまの下。
c0051781_21395971.jpg

役小角は高下駄はいて怪しさ満点vvv
c0051781_21402555.jpg

かなり寒くて疲れてもいたのだが奥の院をめざした。
c0051781_214050100.jpg

下を向いて黙々と登る。ぜったい上を見ちゃだめ!
せっせと登る。こんなにキツイと思ったのは初めて!
そろそろ着くかな~ って 
おそるおそる顔を上げたら目の前に番人がー
エプロンの赤を見たとき、ほっとして身体中から力が抜けたー
どんなに安心したと思う?忘れられない瞬間ですよ
c0051781_21451031.jpg
c0051781_23161094.jpg

で。舞台の下から左へ行けるのに気がついた(行っても行き止まりだ)
で。こんなところにおわしましたはせいたかさんの弘法大師
感激~ 後頭部から背中にかけての滑らかなライン、どうよ
c0051781_22503461.jpg

それにしてもなんとまあ穏やかな。
人に与えるまなざしが、こんなにも温かいものかと。
c0051781_22532866.jpg

閉まっ寺。七重石塔 ↓ とっといた
c0051781_22571422.jpg

むこうに大師とTHE後光~ あかるい未来だ    
c0051781_2318344.jpg

書くのも疲れてきたから、奥の院を降りながら
出会った仏様たちの写真だけとか。
c0051781_23213027.jpg
c0051781_23214884.jpg
c0051781_2322478.jpg

中に明かりがともっている、人のいる気配が、温かかった。
ふと聞こえてきた声にお寺の日常を思い、それもまた温かく。
c0051781_23225473.jpg
c0051781_23242316.jpg
c0051781_23264197.jpg
c0051781_23285982.jpg

宀 一 べんいち 
べんは室生のはじめ、いちは室生のおわり
はじまりであり、おわりである 室生山
c0051781_23474231.jpg

さよなら太鼓橋と石灯籠。また別の季節にね。
c0051781_2349913.jpg

by elsur147 | 2012-01-24 00:44 | climatnara | Comments(2)
Commented by なむさいじょう at 2012-01-24 02:08 x
こんばんは!

今回の奈良は寒かったようですね。
風邪など引かれなかったでしょうか?

今回のシリーズも楽しく拝見しました。

おお、弘法大師さん、見つけましたか!
見落としがちな場所にいらっしゃるし。(って言うか、ふつー、あそこまで行かないし)。

閉まっ寺の大師堂の裏には、石仏だのがズラリと並んでいるんですよ。
お堂の横の板塀がたまたま開いているときに、目撃しました。
見たからといって、堂ということもありませんけど。

                                   せいたか童子
Commented by elsur147 at 2012-01-25 01:50
>なむさいじょうさん
せいたか童子さま!
こんばんはー 早々にありがとうございます。

私が行った日は、この冬一番の寒さだったようで、
あんなに寒い思いをしたのは、ちょっと記憶にないです。

弘法大師様は、あの道からしか行けないですよね、
とてもありがたい宝物を見つけた気持ちになりますね。
なむさいじょうさんから教わっていても、
自分の目で見られて感謝でした。
番人のところから、
改めて眺めたときのシルエットも素敵でした。
近眼なので、あの位置からだとハッキリとは見えないのです。

わお、石仏がズラリですか~ それはそれはvvv
また楽しみが出来ました。

そうそう風邪、大丈夫でした。
ご心配いただいて、ありがとうございました。
私は滅多にひかないんですけど、
どうやら媒介しているらしくて(汗...
風邪が蔓延すると周りからいやがられます(笑)
<< 閑話休題 閑話休題その2 >>



climatnara Gunners robinvanpersie
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31