arsenal seveile

三本松にて

こんな看板が見えたかな?
c0051781_22221140.jpg










近鉄の車窓から。あったあ?(見えてねえだろ)
c0051781_22241211.jpg










トンネルは誰かさんの石室みたいな(誰?うふ)
なんていうんだろうね。粘土が溶けたみたいなc0051781_22284617.jpg











それはもう予想してたさ。山道ってくらいは。
c0051781_22321115.jpg














おすぎ
c0051781_22352224.jpg










青葉の滝は。青葉寺(せいようじ)の裏境内にあり
圧巻な舞台なのに、撮れた写真がしょぼかった(ちぇ)
鳥居を全部入れるには奥行きが足りないんだよね
切り立った岩壁に摩訶不思議な空間が展開していて
なんか ↓ 掘ってあるっぽい、高くて見えないんだけど...
c0051781_22392750.jpg












わあ!!! 布袋様みたいなのと、
左側の、可愛い~
c0051781_22502857.jpg












こんな世界がいつからあるんだろう
滝の上がどんなんだか見てみたい
緑色のカタマリは蛇のとぐろ巻き、石造りの。
写真左の三角に盛り上がっているのがそれ。
c0051781_23394895.jpg

















滝は三本松駅から東、赤目方向へ歩いて15分くらい。
宇陀市地域事務所で自転車を借りる事も考えたけど
やめておいて正解。大きな手荷物が増えるとこだった(笑)

大師堂(辻堂) 「大師の道」 の起点だったところ
室生寺へ参拝する人にお茶を出してあげたたらしい。
この中には弘法大師坐像が安置されているらしい。
c0051781_23162635.jpg

女人高野室生寺と掘ってある石標が見たくて
室生山内を描いた絵馬 ↓ も見たくて。
c0051781_23192693.jpg

辻堂は旧道にあり。道路1本へだてて
こんなにも雰囲気が変わるのかと驚く。
c0051781_23214457.jpg

「室生村」という響きが寂しい仕舞た屋
c0051781_23232123.jpg

また室生村の文字に反応。室生村のしましま~
c0051781_23235162.jpg

宇陀川にせり出した木が風にあおられ、
わっさわっさ揺れていた。こんもり緑に北風びゅーびゅー
c0051781_23121651.jpg

三本松へ戻る道すがら。 あのフタコブは、何山だっけ~
c0051781_23124430.jpg

ホームからの眺め大好き。あたしだけの杉のモリモリ(↓ この下の濃いとこ)
c0051781_231413100.jpg

大師の道を通って室生寺へ行くのは 
絶対におすすめしません と、道の駅で。
山道で、道らしい道はありますけど~
間違えそうな箇所に標識はありますけど~
迷いやすい分かれ道がいっぱいあって、
そこで間違えたらどうにもなりませんよ、と。
確かに。それもそうだけど北風がね、
追い風には煽られて転びそうになり、
向かい風には一歩を踏み出せないほど、
すごかったんだってば=333

駅を境に、室生方面の滝とか神社とか
まわりたかったんだけどねえ、
地図で見るだけならあっという間なのにね(笑)
by elsur147 | 2012-01-17 00:38 | climatnara | Comments(0)
<< 龍穴神社 奈良行。立ち上がりの立ち上がり >>



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31