arsenal seveile

ほの火いかづち雷と

変なタイトルですか。
これでどこの何書いたか分かるんだよ(笑)
で。葛城の続きをば。いやあもう大変
あたし好みの!素敵な神社があったのよー 

丸太みたいな鳥居がステキ。いたってシンプル。
いっち、にぃ、さん、し、それドカーーーンて感じ。

で。神社の名前が~
「葛木坐火雷神社」!(かつらぎにいます ほの いかづち)
火を “ほの” と読むのだあ! 
“ほの” と読むの!なんかいいわあ(笑) イチイガシ↓一位樫
c0051781_19504920.jpg

なんたって石灯籠がすごいのなんの ウキウキですよ
c0051781_19551398.jpg

んで。ここにもあった日露戦争の戦利品。さわいではいけない と
分かっちゃいるがガキみたいにはしゃいでました(すいません)
c0051781_2002044.jpg

濃い影の隙間から光。陰影がすばらしかった拝殿
c0051781_2074027.jpg

真ん中に幣殿(へいでん)がある。拝殿と本殿の間にある。
足もとの危ういせまい石段を脇からのぼる。
のぼった先に古墳あったが。真っ暗で何も見えない。笛吹神社古墳
で。本殿の屋根に円筒が。並んでいるのが大砲みたいだ
(またそんなこと言って) 
c0051781_20211332.jpg

だってここ。お迎えの燈籠からして兵隊みたいで。
兜のてっぺんが尖っていると「西部戦線異状なし」で
おっと鎧に鹿模様、と。
でもこうして並んでいると。今にも動き出しそうな兵馬俑~
手に(ないって)なんか持たせたいとか(ばかいってら)、
そうかと思えば。もみぢ手、じゃない、わらび手の、
くるくる具合が可愛かったり。頭にいくつも くるん とね。
c0051781_20255783.jpg

そこそこ長い石段ですよ。高さもそこそこ。
いつかまた君たちに会いたーい(人じゃねえって)
c0051781_20315384.jpg

というわけで。葛城はこれでオシマイ。

急な気分で来て急いで駈けぬけたせいか夢を見ていたようだよ。
金剛山=葛城山?その麓からながめる奈良盆地、最高でした。

葛城地方に特筆した奈良発のパンフでないと
書店でフツウにある旅行誌には出てなさそうな
いにしえの神と豪族が跋扈した?(笑)
あたしには明るい印象だったTHE葛城 かつらぎ

ありがとね。でももうひとがんばり。
次は1414二上山~(^.^)v  青空~ ひろーい!!!
c0051781_224592.jpg

by elsur147 | 2011-11-09 18:54 | climatnara | Comments(0)
<< 亮くん 千体仏は異国の香り >>



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31