arsenal seveile

室生口大野のフタコブ山は

「かぎろひの大和路」を読んでいて、あ~もしかして~ と。
室生口大野駅のホームから南西方向に(たぶん)
見えたフタコブ山は? 額井岳↓(電線の下)だったのかもしれない。
c0051781_2057729.jpg

<「かぎろひの大和路」 “大津皇子”号 夏見廃寺の頁より抜粋>
名張、夏見廃寺跡。境内を擁する大地は南西方向に谷がひらけ
遠望には大和富士と異称をもつ奈良県榛原町の額井(ぬかい)岳が
どこか二上山を思わせる姿で薄青い影を作っているのが印象的だ。
(こうした本文に惹かれて 行ってみたくなるんですよね~)
c0051781_20563432.jpg

「飛鳥の悲唱」で溌剌としていた巨勢多益須(こせのたやす)も
大津皇子号の “ひと” で紹介されていました。うれしかった
でも本は。お忍びで伊勢に大来皇女を訪ね、別れた場面で読むのやめた(^^;)
その先はいい(>.<)、気が向いたら読むかも知れない、そのうち。

で。 3月の震災以降、人は防災セット(避難袋?)の中に
「思い出の品」 (たいてい写真) を納めるようになったそうで
で。私は (わ、私も~ ^^;) 奈良の何かに決まってる。
何がい?見て、開いて、読んで、思い出して、心温まるもの。
室生寺号をお供させたい。なんといっても旅のお供だ(^^)v
c0051781_2194957.jpg

横顔の君のホルダーに入れて
宇陀川の石はポケットに(ちと重いんでね?)
今でもまだキラキラ光っているよ☆
c0051781_211226.jpg

ありがと。
by elsur147 | 2011-10-18 23:39 | climatnara | Comments(4)
Commented by かぎろひ at 2011-10-19 04:34 x
おはようございます。

おー、びっくり。
かぎろひの大和路、かわいがっていただき、ありがとうございます。
横顔の君のホルダーに入れてくださるんですか。身に余るシアワセ~
涙が出そうなくらい。

どうかお気をつけて!!
Commented by たき at 2011-10-20 09:52 x
「かぎろひの大和路」の復刻第11号が掲載されている!! おぅ!何という奇遇か!!今、復刻9・10・11号を手元に置いたところ。

冊子内の“おたより”欄の「飛鳥に勧請縄を訪ねて」を「東風に吹かれて・其の三」に転載しようと取り掛かる前に覗いてみたら偶然同じ11号があったので驚いている。

では今からPCに打ち込む作業にかかろうか。
Commented by elsur147 at 2011-10-21 20:38
>かぎろひさま~
こんばんは~
こちらこそ、いつもありがとうございます。
昨夜、無事に戻りました。
11号は、お二人に出会えた記念でもあります♪
御誌は、行きたいところに手が届く、と申しましょうか...
お店の広告も参考にさせていただいております♪

お忙しいとは思いますが(そろそろ暮れの呼び声ですよ、早~)
あまり根を詰めませんよう、ご自愛くださいね(祈、
Commented by elsur147 at 2011-10-21 21:13
>たきさん
かぎろひ誌9・10・11号♪
たきさんの勧請縄、拝読させていただいております。
あの勧請縄には特別な思い出があるのです。
なので、不思議な気分でした。
「東風に吹かれて・其の三」 では飛鳥が登場するでしょうか。
楽しみにしております。
<< あしたあさってうましうるわし スーパースイーツ >>



climatnara Gunners robinvanpersie
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30