arsenal seveile

宇陀川にて(大野寺)

室生寺の西の大門 大野寺。
c0051781_22231867.jpg

花はなくとも垂枝桜だ。(威張るんじゃない)
c0051781_22284554.jpg


c0051781_2247374.jpg彼岸花は。名古屋-名張の車窓からは、ほどほどに見えていたけど、室生では申しあわせたように(笑)とんと見かけず。それはそれで寂しい気もするのでこちらのお庭に咲いていたのをパチリ。ふと思った。佛隆寺は(室生寺の南門)彼岸花の花道だったんだろうか。榛原からバスで高井まで行って歩くコースがあるんだよね。でもその東海自然歩道は、途中に視界のまったく利かない山道があるので、「女性お一人やったらやめておかれた方がよろしいかと思います~(アクセント上)」と、宇陀観光協会の女性が。いえ室生寺を次にするかの計画も考えたので。で。今は途中が工事中で、なんでも室生寺へぬける道が整備されるのだそうです。


磨崖仏の遙拝所。対岸は彼岸であり弥勒の浄土 (by石仏縁起)
c0051781_2312987.jpg

宇陀川は彼岸のほとりまで下りられる。 ここが今回の一番目的。
誰もいない天国。宇陀川の水辺。長靴をはいてくればよかったな。
c0051781_2332136.jpg

川沿いに最小さまざまな石があって、石拾いが楽しいの
砂浜みたいだ。白くてサラサラ。南伊豆の白浜みたい(そら言い過ぎ)
岩が飛び出したように見える辺りは深みになってて、渦を巻いているから、
流されてハマったら、絶対にあがってこられないんだって。
川伝いにはその近くまで行けないけど。道路からは見えるよ、どん深。
c0051781_2383095.jpg

細かい石粒がキラキラキラキラ
c0051781_2372415.jpg
c0051781_2373641.jpg

この石。形が気に入ったんだけど砂が湿ってて、動かしたら石の下から
何か小さいのが一斉に出てきたので手、引っ込めた(鳥肌たった・笑)
c0051781_23164297.jpg

室生寺の聖域で禁足の如意山は火口原の中心に噴出した天然大岩塊で
大野寺の磨崖仏も、この石英安山岩の断崖に彫られている そうでーす。
c0051781_23221123.jpg

気のせいかな。ぷんと磯の香り、海のにおいがしたのは。
c0051781_2331028.jpg

空が青い
c0051781_23332468.jpg

午後の方がよく拝めます  写真がナナメっているが... ここここ↓
c0051781_23354897.jpg

ところどころエメラルドに光っていたヨルダン宇陀川
c0051781_23384860.jpg

大野寺はバス停のすぐ前。駅までも歩いて5分もかからない。
凄いよね、浄土が駅チカ(笑)、 ありがたや~! いやほんと
c0051781_23393097.jpg

やっぱり室生寺に行くときも歩いてみたいな、川沿いを。
ここ過ぎて、すぐにステキな橋もあるんだよね。
あ。トンネルが、こわい、かー そこくぐらないで行けないのかな
トンネルがこわくて?よく毎日地下道をあるいてられるね。
まあいいや。今日はもう寝る。
by elsur147 | 2011-10-05 01:09 | climatnara | Comments(0)
<< 大野坐海姫君 バスを待つ間に(室生寺門前) >>



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30