arsenal seveile

初瀬の羊羹

c0051781_21463131.jpgいくら名残惜しいからといったって。いいかげんにせんかい。賞味期限間近だろうが(23日まで)。で。やっとこさ開けました。包装紙とっておくんだよねえ。開けたら箱にぼんぼりが。ひっくり返したら牡丹と牡丹の謂われも書いてあるからこれまた保存と。馬頭夫人は長谷観音に祈って不美人から美人に変身したので、お礼に牡丹の苗を贈ったのが始まりだという。へー。次は真面目に馬頭夫人のことろへ行かなきゃあ。

c0051781_21493391.jpg

花ようかんの花は桜ですけどそれがなにか?(笑)
c0051781_21494211.jpg

こういうのは。氷で冷やしてガラス器で真夏に
長谷寺でいただいたら最高にシアワセだろうな
上の透明なところのは吉野葛。プルンとしてる
羊羹は白いんげんと抹茶(色見りゃわかるって)
c0051781_21553120.jpg
c0051781_21554270.jpg

吉野葛といえば。サンチェリーでいただいたフルーツパフェの底にあったプルプルがとても美味しかったので、お会計のとき女将さんに「下のフルーツのところが爽やかでとても美味しかったんですけど葛ですか?」とたずねたら照れたように手を振りながら 「いえいえゼリーなんですよ」 と答えられたのが印象的でした。ゼラチンをああいう風に作るのってスゴイ!

c0051781_2258982.jpg

それと。大和屋旅館で買った瓦煎餅がすごい美味しかったのよね。お煎餅にボタンが描いてあって、普通のより薄いの。なので一フクロ3枚入り。てっきり門前のお土産屋さんにあるだろうと思ったら、どこにも置いてなかった。包装紙にボタンの絵が描いてあるのはあっても、直に書いてあるのは。なので旅館に買いに戻りました。近くて良かった。それを女将さんに話したら 「そうなんですよ(ウフフ)」 と。写真を撮っておけばよかったな。特養のお土産にしたから。あっという間よ。なんたって数が勝負(たくさん入ってて軽いの)、包装紙も今思えば、よくある瓦煎餅のと比べて、渋くてちょっと変わったデザインだったのよねえ。
by elsur147 | 2011-07-21 22:48 | climatnara | Comments(0)
<< もう秋? バウムクーヘン >>



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31