arsenal seveile

歩く・長谷寺

二日目は早朝の勤行を見学するので長谷寺と門前界隈は二日目でいいかな、と。初日は長谷寺で降りて、桜井まで徒歩で雄略天皇の初瀬川沿いから伊勢街道?(桜井からは上り坂になるので逆からの方がいいかと)、白山神社、春日神社、玉列神社などを見て、桜井から自転車で石舞台へ。できれば4時頃までに着きたいなとか無謀でしょうか(笑)。いきなりですが。坂田武嗣先生のイラストが大好きで。今年も卓上カレンダーを使っております。

c0051781_1141568.jpg

大野寺へ行ったとき。行くときは。日照時間というか、考えないと。逆光で見えやしない磨崖仏。しかも対岸だわ宇陀川は渡れないわ。いや渡ったらよけい見えないだろうが。いったいぜんたいどうやって彫ったの?いつかまた行ってみたい、みたいけど。行ったら去年の今ごろ行ったときのことを思い出して切なくなるから行きたくないかな、とか書きながら。眩しかった川縁と。光るシルエットのような弥勒仏を思い出して遠い目をするわけ。宇陀川で拾ってきた石はペーパーウエイトに使ったり。 なんちゃって石舞台とか(笑)

c0051781_0544620.jpg

特養へ行くときバス停に咲いてたアジサイ。淡いピンク大好き
c0051781_0555027.jpg

京成バスに貼ってあるポスター。わが家の最寄り駅から奈良までバス1本
とっても魅力的だけど8時間もかかるのさ。 顔とか直すの大変そう(笑)
c0051781_0562743.jpg

by elsur147 | 2011-06-19 02:24 | climatnara | Comments(7)
Commented by sizuku at 2011-06-19 19:26 x
桜井から石舞台はかなりの阪ですよ。
それに遠いい。
ん?若いから平気?
またまた脱帽!

バスでTDL何度も行ってます。
夜たって 翌朝かえって来ます。
うるさい子供がいると眠れない・・・。
Commented by elsur147 at 2011-06-19 23:42 x
sizukuさん
おぉ夜行バス経験者でしたか。
早朝着でそのまま動くのは疲れませんか
車内環境にもよるのでしょうけど。

TDLの花火、うちの窓から見えますよ。
車で20分くらいかな。まだ一度も行ったことがなくて(笑)

桜井から自転車で石舞台までは、行ったことあります(*^.^*)
飛鳥香資料館と山田寺跡によって、
飛鳥寺によって、
岡寺にものぼったので(もちろん押して)
最後は足がつってました。

でも。山田から
明日香村に入る下り坂が気持ちいいんですよね♪
もっとも当日は。お天気と、気分と、体調次第ですー☆
Commented by at 2011-06-20 08:58 x
凄い 感嘆 ためいき あっぱれ

凄い坂道ですよね。

私はいつも車で飛鳥に言ってるから創造を絶します。

脱帽。
Commented by at 2011-06-20 09:03 x
この短い文に間違い 2つ。


デズニーシーでも朝の駐車場は高速やこうバスで一杯ですよ。

夜行バス 何度も使っています。

それとか 東京駅からはとバス乗ったりね。

26年ほど前狛江に住んでいました。

だからよけいに東京恋しい。
Commented by elsur147 at 2011-06-20 21:44
>雫さん!
きゃーーービックラ!狛江ーーーーー
小田急線(笑)

私、町田市の鶴川で育ったんです。
小学3年生から、結婚して市川市に行くまで。
狛江は、ただ沿線だったというだけですが
(鶴川はもっと奥地ですし、電車を降りたら蛙の合唱・笑)
狛江という地名を久しぶりに聞いて懐かしくなりました。

両親は金沢の実家へ引き払って今は何もないです。
だから小田急線は見たくないな...
Commented by at 2011-06-20 21:52 x
えーーー金沢って石川県の?私そこにもすんでましたーー
Commented by elsur147 at 2011-06-20 23:19
えーーーーー
いえいえ、正確には金沢市内じゃないんですけど。

父は白山市の日御子、母は河北郡の宇ノ気。
野々市とかご存じ?

今は父は家業だった住職をしております。
叔母が継いだのですが亡くなったので脱サラして。
幾つの手習いだか(笑)

で、叔母は
私にお坊様を婿養子にとって来て貰おうと
お見合い話を持ってきたそうです。
どうやら母がもみ消したらしい(笑)

弟がいて。仏教系の学校にすすみ
得度を受けております。
まだ普通のサラリーマンだけど。

本当は牧師になりたかった父は、
私をミッションスクールへ入れたんですよね。
変な家族(^^;)
<< たきくらじんじゃ アーセナルの新シーズン >>



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30