arsenal seveile

今ひとたびの 唐古・鍵

田原本は寺川が道案内。国道24号に沿う 下ツ道
ここも堤むきだし こわいこわい 春は桜並木になるとか。
c0051781_23355981.jpg
c0051781_23361066.jpg

若き日の快慶による、阿弥陀如来立像を秘仏とする安養寺
c0051781_23382748.jpg

これなんというの?すし お寿司じゃなく...
c0051781_2341176.jpg

天を仰ぐ石仏。何百年も昔のから最近のまでいろいろ
c0051781_2344854.jpg

今里の浜。江戸時代は船着き場で栄えたところ。
c0051781_2345327.jpg

「唐古南」 と(嬉) 標識好き好き
c0051781_23462444.jpg

国道24号線から見える 幻想的な風景
ここにもう一度来てみたかった 感激~
c0051781_23491633.jpg

発掘された土器の断片から復元されたとは思えない
あたしだけの唐古 あたしだけの楼閣 ひとり占め
c0051781_23582235.jpg
c0051781_23583297.jpg

聞こえるのは竹林をわたる風の音だけ。
雲の流れが神秘的でした
東の山並みは龍王山あたり。
ここからほぼ真東に大和神社がある。
c0051781_003388.jpg

弥生時代の環濠集落は600年も続いたとか。
江戸時代より長いのかー
で。唐古・鍵が衰退すると同時に栄えてきたのが
山辺の道の かの 纏向(巻向)まきむく 面白いな。
c0051781_055418.jpg

鍵 唐古より少し南に下がって東へ。
奈良ではどこに行くにも東西南北だな(笑)
c0051781_017576.jpg

やっと来た 鍵池 
こうしてみると山辺の道はすぐ近くにあるようで。
流れを知っている目で見ると暗示的にも見える
(池のモリモリが気になるよーん)
c0051781_018425.jpg

菅原道真を祀る池神社 
池坐朝霧黄幡比売神社
いけ に います きはたひめ じんじゃ
いけ は 鍵池のこと?違うな。鍵池は江戸時代のもの
c0051781_0332677.jpg
c0051781_0334545.jpg

そして法起寺(法貴寺)の千万院。残っているのは薬師堂だけ。
聖徳太子の創建と伝わり 秦河勝に賜ったと伝わる法起寺。
c0051781_0391183.jpg

そうそうたる仏像が安置されているのですが、ここらへんは
団体様しかお目もじならず。ひっそりとした地区だからね。

このあと大和川 (初瀬川) に沿って南下していくのだけど。
背中が痛いからちょっとづつしか書けないよ。
by elsur147 | 2011-01-15 00:49 | climatnara | Comments(0)
<< 鍵から 南へ CCセミファイナル >>



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31