arsenal seveile

7月4日に恵みの雨が・・・「ベルンの奇蹟」

c0051781_00126.jpg
footballを愛するドイツの人たちが自国開催に向けて、その昔、敗戦の痛みから立ち直れないでいた国民に夢と希望を与えた、こんな大会があったんだよって世界中に発信してるみたいだった。街の復旧に、家族の復旧に、みんなみんな頑張ったんだよと。当時の代表の様子や監督のコメントなどは、生存するメンバーから教わったそうで、彼らは今もハンガリーの選手達と会うことがあるそうで、そういうのって素敵だ。監督が22人の代表を 「子供たち」 と 「問題児ほど可愛いものでね」 と、宿舎のお掃除おばさんに語っていたのが印象的だった。だからこの画像のシーンが大好き。問題児でボビー・ロブソン監督を思い出したりして(笑)

ここに描かれる家族にも感じ入る部分がたくさん。父がいない間、生活を支えるため、バーを切り盛りする母と娘に。兄弟はのびのび育っていたようで、そこへ父が戻ってきて緊張が走るんだけど、父は父で、出征中の家が守られていた事に安堵する反面、居心地の悪さ、疎外感を感じたのだろうか。だから、たいていは父の権威で厳しく当たるしかなかったのかも。優しさも見せるんだけど、ぎこちなくてね。父ピーターと主人公マティアスは本当の父子。息子が演技で見せた不快な表情を、いったいどこで覚えたのだろうと訝ったらしいけど (インタビューで) 知らない面を見て複雑な思いだったのかな。


c0051781_184365.jpgこちらは本物のヘルムート・ラーン。当時の代表メンバーの様子も興味津々。ホテルでのお喋り、トレーニング風景、戦術を説明しながらのスタメン発表も。決勝戦の再現は迫力あったよ(復刻ボールは扱いにくそうだったけど)ハーフタイムにメンバー同士が揉めると監督が檄を飛ばしてたっけ。そうそう、監督が自分に寄せられた抗議レターをみんなに読んで聞かせたのって凄い。これ本当だったんだろうな。そんなの聞かされたら燃えるよね。追加タイムはスタンドもTVで応援する人々も固唾をのんで沈黙。静まりかえった街の映像には緊迫感と祈りが・・・。


c0051781_111776.jpgこちらはラーンを演じたサーシャ・ベーゲル。
雰囲気がちょっとモリエンテスに似てた(笑)
それにしても、ハンガリーの戦術を封じるには効果的だったらしい雨が本当に降ってきたなんて。きっと当時もキックオフ前には、
映画で描かれていたように、カラっと晴れていたんだろうな。
footballの神様がドイツの必要に応えて降らせたに違いない(笑)
by elsur147 | 2005-04-23 01:36 | cinema | Comments(2)
Commented by fhu04 at 2005-04-24 01:20
こんな映画有ったんだ~?見てみたいな★
54年のワールドカップの話…だよね?(^-^)
当時のハンガリーは世界最強で「マジック・マジャール(魔法のハンガリー人)」と呼ばれていた時代だからね~★
決勝で西ドイツに敗れたのも、ハンガリーのキャプテンで当時世界最高の選手と評されていた「プスカシュ」が負傷していたから…なんて言われたりもしてるけど、それも含めて、結果が全て。西ドイツは勝つべくして勝った。それが一番素敵な事だよね♪
FAカップの決勝はマンU対アーセナルに決まったね★
楽しみ♪
Commented by elsur147 at 2005-04-24 22:28
はい!54年W杯ですです。>FHUさん、こんばんは!
是非とも見てくださいな~、きっとドイツを応援したくなりますよ(笑)
フットボールシーンは、今現在のゲームを見慣れた目にはアレなんですが、関係者の協力を仰いで、ここまで再現できたという事がなんと言っても素晴らしいですよね。そうです、そうです、きっと、あの優勝は当時の西ドイツ再建の為に必要だったので、プスカシュには可哀相でしたが、犠牲になってもらったんだと思います~

プスカシュは 「疾走する少佐」 と呼ばれていたんですね(ネット調べ)で、イングランド代表のトホホなスコアも見てきました。そう言えば、このエピソードは金子さんナレーションの番組で見たかも・・・。

はい、FA杯の決勝は困った事になりましたが・・・。
マンUに勝てないままシーズンを終えても何ですし(笑)、避けられないカードだったのでしょうね。ニステルローイが、日頃の確執は忘れて伝統にふさわしい良いゲームにしたいと、コメントしていました♪
<< 柏のサッカースタジアム 健気なファブレガス >>



climatnara Gunners robinvanpersie
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31