arsenal seveile

西ロンドンダービーは痛み分け

デサイーやヴィルトールがいた頃は、フランス代表の紅白戦かい?とか言われたもんです(笑)

「チェルシー vs アーセナル」 0-0
まったくもうタフなゲームだったよ。立ち上がりは押せ押せで良かったのにな。ローレンとアッシュの上がりも上々で。縦に横にいいパスが出て、ボール回しも小気味よくて、アーセナルらしいリズムがたくさん見られたのにな。

c0051781_23534448.jpg

ピレスは今日もキレキレ!開始2分で打ったダイレクトボレーは(しかもミドル)クロスバー直撃!カキーンと大きな音がした。ローレンのサイドチェンジをレジェスがヘッドでつないだボールをね。次のチャンスでピレスの目の前にこぼれてきたのは、ネットの右に外れちゃったけど、顔をおおって悔しまぎれの照れ笑いも余裕だったのに。ジョーコールのシュートを追ってゴールを留守にしたレーマンの代わりに、ドログバのこぼれ球シュートをセンターでクリアしたピレスだった。あ、ピレスの前にローレンのクリアもあった、誰が打ったの?すごい攻防戦だった。怖かったよー;

c0051781_2353740.jpg

そうそう、その前にレーマンもナイスセーブあり。ドログバのシュートの際どいところで右足が出ましたの。 「蜘蛛のように、低ぅ~くかまえて、いい足が出ましたねっ」 などと、金じぃにコメントされてましたっけ。でもシュート打たれたらダメぢゃなーい(笑)、ドログバ、ドログバ、ドログバの攻め!余談にもならないけど、ドログバは良い人。マルセイユ時代に心温まるエピソードをいろいろ聞いた。どんな話だったか忘れたけど(笑)、レーマンと接触して 「すわ!キーパーチャージか!?」 って、一発触発状態になりかけたのを、うまいこと宥めてその場を納めていたっけ。

c0051781_095598.jpg

またまた、どうでもいいけど、テリーがソックスを直すのに屈んだ背中を支えにして通り過ぎたの誰だろうと思ったら、どうやらピレスのようだ(笑)、それはさておき、後半は失速しちゃったアーセナル。じりじり下がって、パスミスも目立つようになって、エネルギーの消耗は映像からも伝わってきた。ロビンをもう少し早く入れた方が良かったんじゃないかな(77分)、アリアディエールもプレミア復帰!君、リザーブでは結果を出しているんだから、自信を持ってこれからもアーセナルで頑張って(大きなお世話?笑)、センデロスもトゥレもセスクもよく頑張った。アーセナルのゴールを死守したよ。お疲れ様ね。ささ、次は北ロンドンダービ~~~!
by elsur147 | 2005-04-21 23:42 | football | Comments(0)
<< 健気なファブレガス エマニュエル・ベアールに誘われ... >>



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31