arsenal seveile

瑠璃絵の青と縹縷(はなだのる)

なら燈花会に続く光のイベント なら瑠璃絵
平成館の前庭だけなので小規模も小規模。
自販機や本館前のライトが邪魔だったり...
だけど。しあわせです はい。
c0051781_0411876.jpg

むこうで青く光るボンボンはなんだろうね。
c0051781_0424783.jpg

近づいて見ても
正体は分かりません
c0051781_0434016.jpg
c0051781_043526.jpg

なんとなくSFぽい。エイリアンのたまごというか。
プレデター?ちがうちがう 
c0051781_0553292.jpg

こちら重源上人すごいリアル。即身仏のよう
真正面に立つと おこごととか言われそう
「これ もっと真面目にやらんかい (喝)」 へへー(恐れ入る)
c0051781_048119.jpg

なにより 開眼会にゆかりの品に興味津々。
・天平宝物 筆
開眼会のときの。南都焼き討ちのあと再建されたときにも
同じ筆が使われたそうです。ものすごく太い筆。
先っぽに墨がついたまま枯れてた。

・天平宝物 墨
えーこれ摺ったの?て驚くばかりのでかい墨。
舟形ですよ。摺ったあとが残ってた。

・縹縷(開眼縷) あたしの真打ち♪
これが見たくて来たのです。
くすみがかった青の濃淡は
海原の青さを思わせる
深海とそうでもないところとの
青のグラデーションは
ラピスラズリの青でもあります

とても綺麗にまとめられていた
大切なものを愛おしむ
手の温もりも伝わってくるような開眼縷(かいげんる)
c0051781_050610.jpg

どうして青い紐なの?青龍の青?
陰陽五行では。東の色は青。季節は春。青春。
青春を奏でる 音声菩薩
c0051781_0504275.jpg

八角燈籠の羽目板。破損したので保管してある。
ゆっくりお休みくださいな。遙々来てくれてありがとう
by elsur147 | 2010-11-13 01:08 | climatnara | Comments(2)
Commented by なむさいじょう at 2010-11-27 15:43 x
いつもワタクシのブログに来ていただいてありがとうございます。
今回、初めてこちらにお邪魔します。

事情を知らなければ、ただの紐の開眼縷。
正倉院の美術工芸品もいいけど、こういうものを大切に守り伝えてきた人たちに感謝したいです。

奈良への想いがたっぷり詰まった楽しいブログですね。
これからもまた、寄らしてもらいます。
Commented by elsur147 at 2010-11-28 01:23
>なむさいじょう様
コンバンハ初めまして。
私の方こそ、拙いブログにお越し頂き
ありがとうございます。

開眼縷も東博の燈花会のことも
なむさいじょうさんのブログを拝見させていただいたお陰で
(APAも)、見に行くことが出来、感謝でした。

開眼の目を入れた筆の先に、繋がれた紐は
その時の様子を思うと、胸がいっぱいになります。
それを人から人へと守りつがれ、
本当に素晴らしいことですよね。
奈良の全てに ありがとうございます、
と、日々頭が下がる思いです。

また耳寄り情報やお写真等々、楽しみに
お邪魔させていただきますね。
<< 八角燈籠のこと ならまちランチ >>



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31