arsenal seveile

上野の東大寺

先週の土曜日。
社長に急用ができて急きょ呼び出しされ。
土曜日は半ドンです~ 午後はフリーだフリーだー
そうだ、東京国立博物館 行こう(なんにでもパクる)
良いお天気の土曜の午後。なのに空い寺~
c0051781_21283421.jpg

まだ始まったばかりだからだそうです。
瓦や水晶玉や鏡など、細かいお宝が展示された
ガラスケース前の押しくらまんじゅうもなし。
チビなあたしでも余裕のよちゃんでした。

仏像は本来あるべき場所で見たい、という思いとは別に
八角燈籠がどんな風に展示されているのか見たかった。
とりあえず見たから気がすんだよ(笑)
あとは開眼縷 (かいげん る) を見たいだけ。
<縷(る)← 縄のこと>
正倉院のお宝だとものすごく混むだろうな。
ガラスごしに 「ははぁ」 と恐れ入るわけよー
c0051781_2317737.jpg

なので。八角燈籠についてはやっぱ東大寺の
大仏殿の正面に鎮座してなきゃ~
風景の一部でないと。それ確認したかった(なんだろね)

それはそれで。お初のものは別の目で(ちゃっかり)
西大門の巨大な勅額。迫力に圧倒された。
タテに2列で 「金光明四天/王護国之寺」 と彫られており
一角一角、心をこめて。思いが伝わってきて胸が熱くなった。
額を囲む四天王もすごい。次回はオペラグラス持参です。
鎌倉時代。快慶だろうって。てことは四天王は後付なので?
c0051781_2145156.jpg

ちょっと唖然としてしまったのが。
法華堂(三月堂)の真ん中で異様な存在感を誇っていた
不空羂策観音菩薩立像 の 「光背」 だけーーー
あるじ不在の 「光背」 って・・・(主は別棟にて長期療養中)

あとは。東大寺でも公開期間が限定の
・良弁僧正坐像(弟子が、お水取りの実忠) 
・僧形八幡神坐像(紅をさし小指を立ててオホホな・笑)
ほどよい証明のなか、至近距離でぐるりと一 回りできる。
うしろ姿も拝めてラッキー。
そうそう 「こころみの大仏」 もおられました。
かの 盧舎那仏像の ひな形 です。
こじんまりと猫背でちょっと笑える...

再興にかんする展示(成り立ちから時系列で展示)
・重源 (ATOK仏の固有名詞すんなりでてこねえ)上人坐像
・公慶上人坐像
重源上人は東大寺らしい風貌で貫禄あり。
公慶上人は貫禄ないってわけじゃないけど。

疲れた。外へ出たら秋の空。
c0051781_22502281.jpg

ささ。法隆寺宝物館へ行かないと。
十輪院の校倉。今日もチャントあった。あたりまえ。
c0051781_2251568.jpg

入ってスグの灌頂幡(かんじょうばん)
すごいよ。一見の価値あり。
飛鳥時代のものと。再現されたものは、
2階から1階まで垂れ下がる巨大さです。
繊細なピカピカ。(こんな企画があったのね~)
c0051781_23334870.jpg

それとか。はじめて見たときは
Xファイルのクローンか?と気味悪かったけど
やぱ飛鳥仏はいいなあと思う今日この頃。
シャープでキレがあるんですよね。
研ぎ澄まされた緊張感。
なかでもお気に入りは 「菩薩半跏像」 飛鳥時代
/推古14年(606)だって。推古か~(だから何)
切れ長の目が細長くてキレキレ。

とか。いろいろ展示替えされてて。
鐙とか刀とか弓矢とか見ていたら
騎馬太子と呼ばれていた頃の廐戸皇子を思い
ぼ~っとしてきて(笑)
私がいちばん好きな廐戸は馬子がいた時代の。
朝護孫子寺の騎馬太子だよ。16歳。
c0051781_2381347.jpg

法隆寺宝物館をでたときの風景が好き。
池の間を渡っていくのが。ここは別世界なのだと思わせる。
c0051781_2313072.jpg

そして本館はインドからの道。
北巍(ほくぎ)の仏頭の前に立つと。
自分が遠い国のその場に立っているような。
周囲の何もかもが消えてなくなる瞬間。
ここ天井が吹き抜けで高いから落ち着く。

ああ山田の仏頭が恋しくなってきた。
でも置いてある場所が~ 返る場所もないのか(悲)
前にも書いたけど。
飛鳥資料館のがレプリカて それ逆...(ぴー)
by elsur147 | 2010-10-19 23:50 | climatnara | Comments(0)
<< またしても西船珈琲研究所 本日の焼きたて >>



climatnara Gunners robinvanpersie
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31