arsenal seveile

幻想的な明日香

3月10日は。前日に関東でも雪が降った日。
博多は飛行機。新幹線は広島~神戸が不通。
なので気を揉んだ揉んだ。這ってでも行くと(笑)
お水取りは夜だもん。夜までに着きゃいいよと。
で。東京は定刻通りだったのですが。
京都に着くまでは心配で。遅れると乗り継ぎが。
橿原方面は特急が1時間に1本しかないので。

なんで橿原?まっさきに向かったのが冬野。
明日香村にあるのでございますよ。
石舞台から多武峰へ向かう道を吉野方向へ。
いくつものカーブをのぼってのぼって。
下界は晴れていたのに。山の上は、雪だ雪だーーー
c0051781_2283059.jpg
c0051781_228369.jpg
c0051781_2284235.jpg
c0051781_2285146.jpg

「もうひとつの明日香」 という本を読んで、来てみたかったのです。
良助親王冬野墓。(りょうじょしんのうふゆのはか) 宮内庁管理。
山の中にぽつんと。ひっそりとある。万葉の人ではなく鎌倉時代のお方。
神秘的な石段に感激。人里離れた山奥に、手入れが行き届いた冬野墓。
c0051781_22132141.jpg
c0051781_22172266.jpg

桜井方面へ山をおりる途中に、三山が見えるスポットがあり。
下界は。明日香村は明るいのが神々しかった。
c0051781_22175673.jpg
c0051781_22182795.jpg

空が明るくなって。浮かび上がってきたのが二上山。ふたかみやま~
もう感激のあまり言葉もなし。
それまでもそこにあったのに、見えなかった、という不思議。
お天気のせいと言われればそれまでなんだけど、そうなんだけど。
c0051781_22201279.jpg

冬野に梅が咲いていた。雪の衣をまとっていたよ。
c0051781_22232269.jpg

by elsur147 | 2010-03-18 22:41 | climatnara | Comments(4)
Commented by elsur147 at 2010-03-18 22:50
これ書いてるとき何かの番組で大関西サミットやってて。
近隣出身の奈良への突っ込みが笑えた(^o^)
あたしは「奈良県」と聞いただけで胸がときめく(あほ)
京都出身のどなたかが、奈良県をプレ都とか。失礼な(笑)

他戸親王が即位してれば、桓武天皇の目はなく、
平安遷都はかったかもしれないんだからね。←本の受け売り(^^;)
Commented at 2010-03-19 00:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by まさ at 2010-03-19 20:32 x
「ちっバルサか・・・」「ユナイテッドは楽じゃねえか?」
とかブツブツ言いながら、ネットでドローを生で見てました。

ドロー全体を見ると一瞬「え~」と思ったんですけど、
よく考えたらウチにとっては最高、最上のカードかも。
実に楽しみだ!・・・と考えることにしました。
個人的にはCSKAあたりでもぜ~んぜん良かったですがねぇ・・・
Commented by elsur147 at 2010-03-20 23:05
>ALEXさん
ご丁寧にありがとうございました。
鬼門のこと、気にはしていたので、安心しております。
私の方こそ、以前、コメントを頂かなかったら、
お嬢さまのエピソードをお聞きしなかったら、
ここまで奈良には惚れ込まなかったと思います。
何が私の心に響いたのか...不思議な縁です。

こちらこそ、これからも宜しくお願い申し上げます。
<< ちゃんぴょんずりーぐどろー ちょこっとCLの続き >>



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31