arsenal seveile

ストーク戦の青い鳥

ベントナーが追いついたときのラムジー。この日は好調だったのに。
笑顔のラムジーを撮りたかったのだけど。うまく撮れなくてゴメン。
c0051781_2344170.jpg
c0051781_2345352.jpg

ラムジーはショークロスのタックルで脛骨と腓骨を骨折。今シーズン絶望。
c0051781_2372277.jpg
c0051781_235851.jpg


ブリタニアのピッチコンディション最悪でしたね。転んだらユニフォーム泥でどろどろ。アーセナルはまたしてもデラップから先制されて。アホか。デラップからあのタオル、取り上げてやったらどうだろう。別のを用意しておいて、その場で、コレで磨け、と。そうしたらスローインの魔法が切れるかもしれない。なんて考えるこっちがアホ。例えばデラップがアーセナルにいたとして、勝たなければいけない試合にあの手でゴールを決めて勝ったとしても、あまり嬉しくないだろうな。とか、くだらない事を考えていた。ベントナーで追いつくまでは。
(これはラムジーがケガをする前、録画を中断して書いたのでした)

c0051781_23221629.jpg
c0051781_23423238.jpg

ラムジーのケガは。またエドゥアルドのときの悲劇かと。フェルメーレンがあんなに取り乱すほど。ピッチでの応急処置も時間の長さがケガの深刻さを物語る。ストレッチャーで運ばれるラムジーを、ストークのサポーターが拍手で見送っていた。励ましの拍手だったのだろうか。哀れんでいる様子に涙がでた。ケガを負わせたショークロスはラムジーの側に恐る恐る容態を見に行き。ストークの選手たちも動揺し。それはせめてもの慰め。なによりアーセナルの勝利が。エドゥアルドは身体をはって勝ちに行く姿勢を見せてくれた。魂のこもったセスクのPKで逆転、ロシツキのミドルからセスクの流れでフェルメーレンの追加点。

c0051781_23392931.jpg
c0051781_23394028.jpg
c0051781_23395370.jpg
c0051781_2340989.jpg
c0051781_23402963.jpg
c0051781_2340446.jpg


「強くあれ。雄々しくあれ。恐れてはならない。おののいてはならない。あなたの神、主が、あなたの行く所どこにでも、あなたとともにあるからである。」 ヨシュア記 1章9節
c0051781_2338371.jpg
c0051781_23381459.jpg
c0051781_23382496.jpg

" Be strong and of good courage; do not be afraid, nor be dismayed,
for the Lord your God is with you wherever you go."
c0051781_23384567.jpg

この日の勝利を忘れないでGunners!心を強くね。Be strong!
by elsur147 | 2010-03-03 00:03 | football | Comments(2)
Commented by ALEX at 2010-03-03 23:36 x
仕事が忙しいのをイイワケにして、
録画もまだ見ていません。
けど、そんなことではイカンなと思いました。
せっかくみんながんばったんだし。

きっと彼がまた強くなって戻ってくる日を信じて。
これから見ようと思います。
Commented by elsur147 at 2010-03-04 00:23
>ALEXさーん
わー お久しぶりです!
お元気でしたかーーー
お仕事、忙しかったのですか、それはそれは~
日々お疲れ様です。お疲れさまでした。

はい。アーセナルは頑張りました。
私も録画で見たのですが、感動しました。
見直しても改めて。
ガナーズは最高にステキでした。
いい笑顔がたくさん見られました。

ラムジーには
心強いサポートをしてくれる仲間がいるから、
はい。私も、ラムジーが強くなって、
一回りも二回りも大きくなって戻ってくると、信じて待ちます。
<< 前倒し?ホワイトデー 折れなかったこころ >>



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31