arsenal seveile

ボリビア vs アルゼンチン

いろんな意味で面白かった。アンデス山脈の高地にあるボリビアのホームは、標高3500M超だそうで。超ですよ、超!富士山より高いっけ?解説の金子さんが 「スポーツやるとこじゃないっすよ」 (笑) たしかにそうね。だけど、最近のボリビアホーム16戦で1分15敗とは驚いた。そんなにかい(笑)

アルゼンチンには代表招集メンバーが33名もいるから、誰が出るかは見てのお楽しみというところ。今回は主力は母国でのんびり調整。知っているのはアボンダンシェリ、髪ありカンビアッソ、ミリート、クフレくらいかなぁ。

たしか今は余裕で首位なので、前半はボリビアに思う存分攻めさせて、あとでカウンターからちょちょっと決めて勝ち逃げる?ドローでもオッケー?特に右サイドから何度か攻め込まれても、アボンダンシェリがそつなく対応。ところがですよ、虚をつかれてやられましたなアルゼンチン。逆サイドに大きく上がったクロスからヘディングで決められた。クロスを上げるのもヘディングするのも、アルゼンチンには予想のつかない動きだったそうだけど、ほんまかいな。

結局、1-2でアルゼンチンが勝ったんだけど。若いメンバーでも中盤から守備はまぁまぁ。攻撃に爆発力が足りなかったような…。あら、先制したの誰だったかしら?背中にネームが入ってなかったので、メンバーも改めて確認したいんだけど、レポを見に行けないのでねぇ、うっかりフランスの結果を見ちゃいそうで(笑)、追加点はフィゲロワ。それまで殆どボールを触らなかったのに、相手のDFではなく、味方と競り合ってヘディングで決めた(爆)

ハーフタイムに、南米予選と欧州予選の対戦カードを見ながら、実況の大庭さんが金子さんに 「どうですか?」 とふったらさ、 「いや、面白そうですけどねぇ、デンマークもチェコも強いし。でも、アジア予選で日本が大変なんでねぇ、それどころじゃないというのが正直な気持ちですよー」 (笑)

それと、ボリビアのカスティージョ。。先制ゴールを決めた選手。その後も惜しいシュートが何本かあって、よく走って献身的なプレーが良かったな。バルサのデコを少年にしたような感じ。
by elsur147 | 2005-03-27 20:57 | football | Comments(0)
<< 富樫さん的?サンドゥニで三度目... 77分のヴァスティッチ >>



climatnara Gunners robinvanpersie
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30