arsenal seveile

六本木の、奈良を見たくて。

今日は早めに仕事を切り上げてサントリー美術館へ行ってきました。
「美(うるわ)しの和紙。天平の昔から未来へ」
c0051781_22125671.jpg

これは。何日か前に新聞広告で見つけたのです。
美術館は滅多に行かないからチラシもないし情報に疎くて。
で、「天平」 に妖怪アンテナぴーん!間に合ってよかった。
展示替で間に合わなかったのもあるけど。

で。奈良時代~現代のうち、私が見たかったのは奈良時代の。
紫紙金字金光明最勝王経巻とか、えーと。
漢字が一発で出てこなくて面倒くさいので。つまり、
奈良時代の写経が素晴らしいのですよ。
紫の和紙に金泥の文字、群青の和紙に銀泥の文字。
千年以上たっても、見るからに粘りのある、質量も伝わってくる金銀の泥。
一筆でどれくらい書けるのだろう。文字も美しくて溜息がでるばかり。

東大寺の修二会で。練修僧がつくる椿の花。看板の花がそれ。
椿の生木に付けて本尊に捧げるのだそうです。花づくりの様子。
c0051781_22163010.jpg

紙衣(かみこ)は。僧が各自で自分のを作って。着るそうです。
生成の風合いも素晴らしく。え?これが紙?と目を疑うほど。紙の着物で?
その伝統は、今でも続ているそうです(東大寺で聞いた)
行事の準備に何日もかけることで神様、いえ仏様の前に心を静めるんですね。
c0051781_22443353.jpg

展示品にはありませんでしたが。差懸(さしかけ)もセット。
木靴の爪先を厚紙で覆ったもので、歩くとものすごい音がするそうです。
それで何人もの僧が駆け上がるのだから。その靴音やいかばかりかと。
「水取りや こもりの僧の 沓の音」(芭蕉) だそうです。
ミュージアムショップに寄ったら。船が。あらこんなところにオランダ船が~
ピンバッジ。オランダ人のもあったけど。風貌が怪しすぎ(笑)
c0051781_23314653.jpg

六本木ミッドタウンは初めてで。あっさり帰るのもつまらないので、
同じフロアくらいは、ひとまわりしてみようかと思ったのがいけなくて。
「イデー」 でスカート買ってしまった。ギャザー部分を胸元に、
チューブトップにするとワンピースになる。肌触りがよくて暖かい。
c0051781_2315630.jpg

さらに。なんか見覚えのあるポスターが~あの琵琶はー?なになに?(笑)
c0051781_2324258.jpg

「遊 中川」 ではないですか。こんなところで感激~
c0051781_235979.jpg

マフラー買ってしまった。墨色だそうですが。ネイビーにも見え。ドットは金。
さっき見てきた写経の色合いみたい~と一人で盛り上がり(笑)
アンゴラが入っているので暖かいですよん。早く寒くならないかな。
c0051781_2375211.jpg

と。左のシカはお弁当袋。買ったのは西の京の 「きとら」 なんですけど。
バッグの手提げに結んでみたり。今、シカグッズまみれ。
by elsur147 | 2009-10-29 23:29 | climatnara | Comments(0)
<< 角煮まん ガナーズのCCベスト8 >>



climatnara Gunners robinvanpersie
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30