arsenal seveile

雷鳴とどろくエルマドリガル

「ビジャレアル vs 魔女ルカ」 
リハビリに見てみた。直接FKで追いつかれてしまいましたが。
c0051781_2357384.jpg

前半の途中、雷鳴が聞こえたので。こっちかと思ったらあっちだった。太い針のような雨が降ってきて。痛そうでした。エグレンが水もしたたるイイ男。前半終了と同時に電気が落ちた。ゲリラ豪雨で、それで引き上げちゃうの?お客さん。スタンドがらがら。ひどいじゃん。たっぷり水を含んだ芝で足もとが重そうでした。水たまりに足を掬われるわ、蹴ったボールはあさっての方へ転がるか、さもなくば途中で止まるか。ドリブルなんか出来ないよ。蹴るたびに白い水煙があがってて。こんな日はテキトウにボールまわして仲良く1づつ持ち帰ればいいのに、なんて。冗談、じゃなった痛み分け。
c0051781_021832.jpg
c0051781_063756.jpg

後半にロッシが先制。重心を低くして出したロングパスに合わせたジョレンテのシュートが魔女のキーパーに阻まれ、そこにロッシが詰めてたわけ。ピッチコンディション悲惨だっただけに超盛り上がり。黄色いピラミッド建ちました。35歳のピレスは。 「90分プレー出来ないことは分かっている。でも常にコンディションを整え、チームを助ける支えになりたい」 と。90分、出来ないのかよ(寂)、
c0051781_025577.jpg

ピレスが入ると流れが変わる。ピレスは右サイドにいてゲームの組立をしたり。ピレスが起点なら最後はカソルラ。カソルラが出せば向こうにピレス、と。そんな感じで、左にいたカソルラがあげたクロスのいちばん遠いサイドにピレスがいて。ピレスが角度のないところからジャンピングダイレクトボレー。すげっ。出来る力を思う存分活かしたい、そんな気迫や献身が感じられる場面、多々。
c0051781_034796.jpg

得点したときのパターンは多種多様、あるけど。攻めあぐね感は、こうしたチームには似たようなものなのか。ゲームを支配しているのに、何度も訪れた決定機を決められない、そして、なんでもないところで失点してしまう。なのに、こちらに同じようなチャンスがあってもモノに出来ない。なぜ?
c0051781_0102383.jpg

アーセナルは水曜日はチャンピョンズリーグ。スタンダール・リエージュと。
by elsur147 | 2009-09-15 00:24 | football | Comments(2)
Commented by まさ at 2009-09-15 09:33 x
ドゥドゥの処分が取り消されましたね!
良かった・・・
Commented by elsur147 at 2009-09-16 01:13
>まささん
本当~に良かったですよね。まだ信じられません。
アーセナルが勝訴したんですね!
こんな事からでも、浮上のきっかけが掴めますように(祈)
<< スタンダール遠征隊 シティ戦の余波と現実逃避 >>



climatnara Gunners robinvanpersie
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30