arsenal seveile

行ったツモリなら

つまんないよ。木曜日は休む予定だったので。今回は奈良町から元興寺、新薬師寺、行ければ白毫寺も。そして飛火野へ出てバンビを探して、とか。切符も買っておいたのに。前の晩、社長から電話で。急な出張になったので明日出てくれないか、と。仕事じゃしょうがない。ので、両国の江戸東京博物館にでも行ってみたのでした。これは、発掘列島のほんの一部、ごくごく一部。私はとりあえず奈良のだけでいい盲目ならで。古代はオランダ人まだ来てないし?(笑)
c0051781_14531250.jpg
c0051781_14532280.jpg

平城宮跡から出土された瓦なんだけど。下の黒いのは大極殿の復元用に復元したもの(ややこしい)、粘土を固めて彫りと入れてという工程は手作業なのですが、当時の石窯で何日もかけて焼くのと違い、1100度のガス窯で2日間、だと、ガラス越しに、スチロールのように、しか見えない。
c0051781_15165111.jpg

発掘された当時の瓦。下の写真は藤原京時代のもの。蓮の意匠が下3枚のと違うです。展示が奥だったので小さく見えますが、藤原京の方が平城宮より大きい。遷都のとき、藤原京から持ち出せるものは出来るだけ運んで、使えそうなものを再利用。サイズが違うなど使えないものも多々あり、もしかしたら、その辺にれっこしたまま埋もれて忘れられた、ものが、出てきたのかも(笑)
c0051781_15173430.jpg

平城宮のために作られた瓦。手前にあるから大きく見える。↑藤原京のより小ぶり。
c0051781_15192238.jpg

恭仁(くに)京に遷都した時に作られた瓦。一時的な遷都だったので、そんなに変わってない。
5年ほどで平城宮に戻ったそうです(お疲れさまな...)
c0051781_15281689.jpg

恭仁京遷都のとき平城宮から持ち出したもの。つまり2番目と同じタイプですか。
4枚展示されたものを見比べると、藤原京の瓦が、意匠のバランスとか良くて。渋い。
c0051781_15293847.jpg

ビリヤード台のように見える(見えない見えない)これは、1/100の平城宮跡。実際にあの場に立ってみて、あまりの広さに圧倒されたものですが、それでもあの野原は、全体の1/4弱なのだから、平城京どんだけデカかったの?という感じ(そこを近鉄線が横切っているのがなんとも楽しい♪)ですが、それより前の藤原京は大和三山をすっぽり囲む規模だったっというから更にすごい。
c0051781_16353089.jpg

箱庭のようなジオラマのような。屈んで覗いて見たりして。回廊も長いのよ~
c0051781_1637088.jpg
c0051781_16392811.jpg

こちらは飛鳥時代の古材。元興寺の極楽坊本堂で使われていた木材で、樹齢年代法で計測すると、568~数十年以内に伐採されたものであり、元興寺はもとは飛鳥寺だったことから、飛鳥京時代のもとの推測され、よって、これを蘇我馬子がさわったかもしれない、と(そこがオチ)。
c0051781_1640091.jpg

大極殿の鬼瓦。
c0051781_16592413.jpg

で。気になる今後の平城宮跡。現在、朱雀門と東院庭園が復元され、来年には大極殿が完成。1300年祭がおこなわれ。以後の復元予定は未定とのこと。宮跡を囲む形で体験広場、歴史館などありますが、緑のモアイが点在する野原は、まだまだ眺めらていられそう。よかったネ(笑)
c0051781_1716541.jpg


あらあら。大極殿の鴟尾を(実物大の模型)撮りたかったのですが。
c0051781_1726419.jpg


あと。奈良の発掘リストにあった新薬師寺の旧境内は。パネル写真だけでガッカリ。
で。奈良町へ行ったつもりで。「なかにし」の庚申さんをナスリへ。和菓子です。練りきり?
本物は来月ね。いただくのは私だけど。身代わりにってことでどう?(笑)
c0051781_1842227.jpg

by elsur147 | 2009-07-25 19:07 | climatnara | Comments(0)
<< 島原の、卑弥呼を探して 続・日だまりのGunners >>



climatnara Gunners robinvanpersie
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30