arsenal seveile

明礬温泉のタマゴ三昧

別府駅からバスで30分くらい。登って登って、いちばん奥地が(一般的には)明礬温泉。
シンボルは巨大な陸橋。これが見えたときは、とうとう来たのだあ~と感激でした。
部屋からも食堂からも見えた陸橋。もしかして、高崎山も計算に入れて造ったとか?
c0051781_2133057.jpg

岡本屋。敷居が高そうで一瞬たじろぐ。着くの遅くなったし。今では次もここだなと思う。
c0051781_2117587.jpg

決め手はプリン。「るるぶ」に出ていたプリン。ここでしか食べられないプリン。
c0051781_2135239.jpg

旅館は足もとを見られるので(そういう意味と違くて)クツに悩みます。玄関先で脱いだとき、クツがくたびれていると恥ずかしいよ、と、母がよく言ってた。歩くことを考えると履き慣れたカジュアルなものがいいんですけど。で。今回も無難なところでブーツ。
c0051781_2213239.jpg
c0051781_22133849.jpg
c0051781_22135351.jpg

こじんまりとした小さな旅館。うちの田舎のニオイがしてなつかしかった。
c0051781_22171686.jpg
c0051781_22173499.jpg

下から撮ればよかった。階段が急なので降りるときすごくこわい。身体を気持ち斜めで。
c0051781_22174977.jpg

格子戸の向こうが食堂。食堂という言葉はふさわしくないけど巧い言葉が見つからない。
c0051781_22204216.jpg

朝食。マトモに朝食をいただくのは1月の奈良以来。いつも朝はトーストだけ。
c0051781_22231097.jpg

c0051781_22234070.jpg

大分の郷土料理 「だんご汁」 団子?つくねでも入っているのかと。どこに団子が(笑)
c0051781_22283026.jpg

きしめんのようなものは、どこん家でも自分で小麦粉を練って作るらしい。かぼちゃときたら山梨のホウトウ?より、やっぱりスイーツ(笑)。でも意外に豚肉やゴボウと相性がいいのね。たぶんお砂糖もミリンも不要の天然甘味。ほこほこと美味しかった。
c0051781_2231837.jpg

露天風呂。誰もいなかったから。屋内のは無色透明。どちらも同じ原泉だって。
(そーいえばロテンて、いたよね。今どうしてるんだろー)
c0051781_2240573.jpg
c0051781_2246476.jpg

露天風呂までちょっと遠くて。裸足だと、砂利のところは、痛い、痛い(笑)
c0051781_2248043.jpg

旅館から少し登ると明礬温泉の観光地、のような所。でも頭の中はプリンプリン。
c0051781_22532537.jpg

のどかな風景に身も心もリフレッシュ。山の稜線にも。由布院岳?本当はもっと明るいの。
太陽がまぶしくて。カメラマンの腕が悪いから空が真っ白に写ってしまってトホホ。
c0051781_22544167.jpg
c0051781_23505432.jpg

プリンが食べられる岡本屋売店。誰もいない(笑)
c0051781_22583424.jpg

夢にまで見たプリン。このあと地獄でも似たようなプリンを食べてみたけど。
比較にならない。あちらは 「お早う」 とか 「名答」 のと(笑)そう変わらないです。
c0051781_2305988.jpg

もうここのプリン以外食べたくない。あと予想外のヒット。たまごサンドがめちゃ美味!
c0051781_2315820.jpg

それと(まだある)温泉で蒸した 「ゆで卵」 バカ美味。ゆでたてで温かくて。
c0051781_2332019.jpg

色がややスモーク。普通に白いのもあり。それぞれ微妙に違う(いくつ食べたのだ?)
c0051781_2352172.jpg

c0051781_2391367.jpg

たまごサンドの付け合わせがすごいウレシイ。芋ケンピ(笑)
c0051781_2383953.jpg

というわけで。明礬温泉のプリン。たまごサンド。ゆでたまご。別府に行くなら明礬温泉。今でも肌の状態いいよ。湯の里で買った湯ノ花コスメもすごい良い。あとで買おうと思ったら、山を下りたら、もうどこにも置いてなくて。由布院の温泉グッズや地獄のやカボス系のは空港にまであったのに。なので通販で買ったアホですよ。「湯ノ花」は、家ではのんびり湯船に浸かる余裕もないので、ビジネスホテルに泊まるときに持っていこうかと(笑)、それと。旅館のおかみさんが鉄輪温泉までの裏道を教えてくれてね。バスで行く距離じゃないって。なんでもガイジンさんは別府から明礬までも歩いてくるそうで。
c0051781_23202169.jpg
知らなければこんな道に入っていかないよね。
by elsur147 | 2009-06-01 00:23 | etcetra | Comments(4)
Commented by ALEX at 2009-06-01 02:05 x
だんご汁ですが

平べったい餅みたいなのとか
麺みたいな感じのヤツが入っていたかと思いますが
あれは元々団子状の小麦粉のかたまりをたくさん作っておいて
煮るときに延ばして入れるのでそういう名前なんだと思います

私も子供の頃、同じことを親に聞いた気がします
Commented by elsur147 at 2009-06-01 22:01
>ALEXさん
こんばんわ。
あはは。私、ALEXさんの子供の頃と同じレベルでしたか(笑)
麺が「だんご」だとは思わず、
お鍋の中をお箸で探してみたりして。おほほ。

だんごは。そうなんですよね。
私がいただいたのは麺タイプで、
幅はきしめんの倍くらいでした。平ぺったくて。

それに黒蜜をかけていただくデザートもありましたよ。
なんていう名前のデザートか忘れてしまいましたが。
空港のレストランにもあったので、
余力があれば食べてみたかったです。
Commented by ALEX at 2009-06-02 21:26 x
その団子を延ばしたヤツに、きな粉とか砂糖とかまぶして食うのは
確か「やせうま」だったと思いますが、黒蜜バージョンもあるんでしょうか

こんなもん食ったら、馬も太りそうな気がしますが、なぜかやせうま。
Commented by elsur147 at 2009-06-02 22:07
>ALEXさん
こんばんはー
「痩せ馬」(←漢字にすると貧相)の語源を調べてみました。
「八瀬!美味!」だそうですね(笑)
どうやらALEXさんの記憶どおり、
団子にきな粉と砂糖だけ、のようですが。

黒蜜は私の見間違いだったのかしら。
きな粉とお砂糖が混じって黒っぽく見えたのかも知れない、

うぅん
きな粉に黒蜜は付きものなので。やっぱり黒蜜。
ほら、信玄餅やワラビ餅もそうでしょ

絶対にかかっていたわよ黒蜜ー(^o^)
宿題にしときます(笑)
<< はみだし別府(笑) 眉村か左京かメビウス二王座 >>



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31