arsenal seveile

わりこみシネマ(笑)

「ブロークンイングリッシュ」 最終日に駆け込みセーフで観てきた~
c0051781_1554657.jpg

ジョン・カサヴェテスのお嬢さん、ゾエ・カサヴェテスの監督デビュー作は感情的にダメ。主人公に共感を持てなかったです。30代の独身女性が、恋に臆病なのにモヒカン頭の俳優と?母親が設定したブラインドデート?パリに一人残って夜バーへ?うそ~。で、お尻が軽いかと思えば、肝心なところで駆け引きするし。涙をいっぱいためた目で 「あたしの気持ちをわかって」 と訴える。鬱陶しい。それを演じたパーカー・ポージーのごつい顔もいや。キャメロンディアスなら可愛いと思ったかも?ディアスなら殿方が放っておかない(笑)、
c0051781_1515741.jpg

恋に憧れ、大人になったら素敵な恋人が欲しいとか。子供の頃には思ったけど。最初に誰かを好きになって、その人と恋人同士になりたいとか、結婚したいとか思うのと違うの?いい年してただ漠然と恋人が欲しい気持ちってイマイチ分からないんだけど(変?)
c0051781_1532361.jpg

で。メルヴィル・プポー?誰だっけ~。「15歳の少女」かー。「夏物語」かー。思い出した。
c0051781_1534024.jpg
c0051781_153516.jpg

予告編で楽しみができたからそれでいいや。「我が至上の愛~アストレとセラドン~」
エリック・ロメール監督のお蔵入りかと思ったら新作なんですね。87歳でこの世界。きゃ~
c0051781_1545441.jpg

5世紀のフランスが舞台ですって。ヒラヒラ綺麗なの大好き(はい少女趣味です・笑)、
c0051781_1565036.jpg

それと。ジャック・ドゥミのリバイバルが来る。「シェルブールの雨傘」
c0051781_1571984.jpg

は、子供の頃に観て、駅で別れるシーンで終わりだったの。何年かあとに観たとき、続きがあって驚いた(途中までしか観てなかったわけ)、 「ローラ」 があればなぁ。だってお話は 「ローラ」 が先だもの。「ロシュフォールの恋人たち」 はジャック・ペランの水兵に超ウットリ(帽子にボンボン・笑)、音楽が素敵でサントラを先に聴いて、どんな映画なんだろ~ってあれこれ想像してた。昔の映画はたいていそう。サントラが先って多かった。
c0051781_1582095.jpg

「ローラ」 はね。ヴィスコンティの 「白夜」、ロメールの 「冬物語」 に通じる世界。
c0051781_2154880.jpg
わけあって去ってしまった恋人の、帰りを信じて待つ女。
by elsur147 | 2009-01-17 02:22 | cinema | Comments(0)
<< きゃ~ 日付変更前に >>



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30