arsenal seveile

アーセナルから少し離れて。

日光東照宮までオランダ燈籠を見に行ってきた(10月30日)。
c0051781_0463788.jpg

遠いというより、超不便。3時間もかかるって、ネットであちこち見に行く弊害なのか、
あまり遠出をしないせいか時間に対する感覚がマヒしてるのね。旅慣れないもあるかな。
長崎へ飛んだ方がはるかに楽だったよ。家からバス、ヒコーキ、バスだもん。
日光は電車を3回も乗りかえて、それも階段を昇ったり降りたり、めんどくせーの。
帰りなんて、頼まれものの練り羊羹3本もってたから重くてねぇ。パンは嵩張るし。

神橋。紅葉がきれいでした。神橋は触ってはいけないから欄干まで行けなくてつまらん。
ので、手前の一般の橋から神橋を臨む。手すりから下をのぞいてみたり子供みたい。
c0051781_0473366.jpg

平日のせいか参道は空いてました。サクサク歩けた。私は歩くのがとても早いのです。
c0051781_0512415.jpg

東照宮の境内に入るといきなり燈籠がお出迎え。燈籠まみれですよ。
c0051781_051476.jpg
c0051781_0515343.jpg
c0051781_052183.jpg
c0051781_052736.jpg

標柱を見ると萌える友だちがいるんですけど、なら、私は燈籠萌えでしょうか(笑)
で、「見ざる言わざる聞かざる」 で有名な神厩舎から白馬が出てきた。
ので。アーセナルになんかいいことあるかも~と思った。なかった。もっと悪いや。ふん。
c0051781_0543758.jpg

これがオランダ燈籠ですよ。想像以上に立派で感激。オランダジンが平戸で作った。
c0051781_0545262.jpg
c0051781_0551746.jpg
c0051781_0552594.jpg
c0051781_2273554.jpg

大きさが分かるかな。下の写真もオランダ燈籠。中身が見えない。
2基とも廻り燈籠。タテに並べてあって。柵があるから奥の燈籠はよく見えない。
c0051781_0563720.jpg
c0051781_057065.jpg
c0051781_057863.jpg

上の2基より先に献納されたシャンデリア型。家光がとても気に入ったのだそうです。
廻燈籠の反対側にある。つまり、陽明門の石段をはさんでオランダさまさま。
c0051781_058394.jpg

ギーガーのエイリアンみたい。さすがオランダ。斬新的。火を入れたところを見たい。
c0051781_125872.jpg
c0051781_13798.jpg

400年記念式典に(なんのか忘れた)、火入りやらないかしら。7年後ですって。
その告知を読んでいた80代と思われる婆さまたちが、「あと7年は。ん~微妙」 
笑えないコメントですが。微妙というコトバが出てきたのが可笑しくて。長生きして下さい。
意外にもほっとした二荒山神社の境内。うちの田舎のニオイがした。
c0051781_13564.jpg

燈籠ならやっぱり石灯籠がいいよね。ほっとする。萌える、かな(笑)
c0051781_15749.jpg
c0051781_152478.jpg

で。どこでもカステラなんですね(笑)、フクロまでそっくりさん。福*屋...
c0051781_174255.jpg
c0051781_175156.jpg
c0051781_18121.jpg

日光なんてもう行かれない。オランダ燈籠、上野東照宮へ引っ越してこないかしら。
あ。金谷ホテルベーカリーのドーナツは絶品♪
c0051781_184273.jpg
c0051781_185048.jpg

記念式典といえば、2000年に、リーフデ号が漂着して400年目ということで、
大々的にもりあがったようですが。500年目は。どうあがいても無理ですな(笑)
c0051781_1113847.jpg

で、日光で風邪をひいてしまったようで。あやしいと思いつつ頑張ったツケが今日きた。
か、敗戦のせいかどうか知らないけど。熱が出たんで今日は特養を休みましたのさ。
それなりに厚着してったのに。手袋も必要で。手がかじかんで小銭を出すのに一苦労。

ストークはロングスロー起点で半分だって。ばかみたい。
あう。アーセナルまた冷や汗。みんなシビアな顔して...(>_<)
c0051781_1381792.jpg
ふんだふんだ。ふて寝してやる。
by elsur147 | 2008-11-03 01:36 | hollander | Comments(0)
<< ブラジルGP ベニアズマから。とんだ脇道 >>



miyukihuru koshinoshirayama yukisugite izurenohinika waga sato wo mimu.
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31